【レビュー】ガンダム食玩「UNIVERSAL UNIT 3」ウイングガンダムゼロ(EW版)

※2017/02/01追記 写真が全体的に暗かったので、明るくしてみました

どうも、デジサンです!

前回の予告を無視して、今回はこちらです!

ユニバーサルユニット第3弾!!

待ちわびたよー!!

 

1/31発売という情報は知っていたのですが、昨日(1/30)の仕事帰りにスーパーに寄ったら、もう発売されていました!

残っていた箱は、ウイングゼロとGP01のみ。でもその2つが自分の中での本命だったので、迷わず買っちゃいました。

 

パッケージ裏面。

第三弾のラインナップは・・・

・ガンダム試作1号機 フルバーニアン(ビーム・ライフル装備)
・ガンダム試作1号機 フルバーニアン(ロングレンジビーム・ライフル装備)
・ジム・カスタム(ジム・ライフル装備)
・ジム・カスタム(ビーム・サーベル、シールド装備)
・ウイングガンダムゼロ EW
・ガンダムバルバトスルプス(ソードメイス装備)
・ガンダムバルバトスルプス(腕部200mm砲装備)

となっております。

ウイングゼロだけ、武装バリエーションはなくて一種なんですね!

まあその方が嬉しいんですが・・・なぜ!?

バリエーションにできるほどの武装がないのかな。

 

今回は、

XXXG-00W0  WING GUNDAM ZERO EW

ウイングガンダムゼロ(EW版)を紹介してみますよ!

きっと興奮から、筆者の自己満足が多分に入っていると思いますが、ご容赦ください!

 

まずはパーツを箱から出した状態で。

これで「一部組み立て有」と言い張るのが、なかなか勇気ありますね(笑

もう80%くらい組み立てですよ。「ごく一部組み立て済み」と表記したほうが正解に近いかも。

あ、写真に写ってないですが、これらの他にガム一個も入っています。

素敵なことに、今回シールは入っていません!

 

こちらの胴体・顔だけ、組んだ状態で封入されています。

塗装もされていますが、やはり白パーツがもやっとしているので、今回も墨入れしていきます!

 

パッケージ内部に組み立て説明書が書かれています。簡素ですね。

 

1時間くらいかけて組み上げた姿がこちら!

うわあー!

めちゃめちゃカッコイイ!

スラリとしたプロポーション、バランスのとれた造形、そして何よりも目を引く巨大な白い翼!

これが500円。制作1時間くらい。

墨入れだけして、塗装などはまったくしていません。

なんというか、久しぶりにユニバーサルユニットの質の高さに触れた気がしました。

個人的にこのウイングゼロは大好きな機体なので、とても嬉しいです。

中学生くらいの頃は、1/60のPGゼロカスタムを持っていましたが、成長するにつれ「ガンダムは卒業しなきゃなぁ」と思うようになって、全部捨てちゃったんですね。

大人になって、子供もできた今になって、またガンダムにはまるなんて思いもしませんでしたよ。

ああ、レビュー関係ない個人的な事を書いちゃった。

 

後ろから。

羽の主張がすさまじいです。

後ろから見ると、小さいほうの羽の肉抜きがちょっと気になりますね。

 

横から。

翼の滑らかなフォルムや小羽根の表現など、なかなかよくできていると思いますよ。

翼パーツは白一色なので、墨入れが効果抜群です。ちょっとした手間で完成度が跳ね上がるので、ぜひ!

 

斜め下から見上げる。

巨大な翼が醸し出す圧倒的な存在感!

ワクワクします!

 

斜め上から見下ろす。

青と白のボディが美しいです。

あ、ちなみにですが、このウイングには武器持ち手しか付属しておらず、開き手は入っていません。

手が白く他の機体からの流用ができないので、開き手、入れて欲しかったなぁ。

 

さて可動ですが、「アクションとコレクションを両立する」と標榜しているユニバーサルユニットなだけあり、これだけ動きます。

腕は水平までは上がりませんでしたが、まあ十分でしょう。

腰横のアーマーが、2弾のガンダムエックスと同様に可動式になったので、足は尋常じゃなく開きます。

そして足首も独特の関節で前後左右にはよく動くので、設置性はなかなかのもの。

首は、若干苦しいですが真横まで向けます。

 

ヒザ・ヒジともに90度以上曲がります。

腰のヒネリはこれくらいが限界ですが、十分ですね。

ただ、動かしていて感じたのが、足と腰との接続が若干緩く、きついポーズを取らせるとヘタれます。ここは関節のボールジョイントを接着剤で厚くするなどして、手を入れた方がいいかもしれませんね。

 

最大の特徴であるウイングは、かなり柔軟に動き、ポージングの表情付けに貢献してくれます。

大羽は前方に持ってきて、大気圏突入状態っぽくできますが、完全に閉じることはできません。

 

バックパックに様々な関節が付き、羽を動かせるようになってるんですね。

バックパックだけで羽を含めて13パーツもありますよ!

ただ、ロック機構や関節の抜け防止の仕組みはないので、動かしていると結構外れちゃいます。

 

カッコよさに興奮して、いっぱい写真撮っちゃいましたよ。

上からの照明ありで、再度正面から。

 

斜め下から照らす感じで。

発進前の雰囲気が出ました。

うーん、500円の食玩と思えないですなー!

 

ちょっと胸元をアップ。

顔はやっぱり、そのままだとおもちゃ感が強いので、墨入れを激しく推奨です。非常に細かいので面倒ですけどね!

胸周りの青い部分は色が足りない気がしちゃいますが、こんなもんでしたっけ?

この写真では分かりにくいですが、胸部中央の緑の球体(ゼロシステム)は、メタリックな塗装がされており、光の角度によって綺麗に輝きます。

 

武装はこちら。

2丁のバスターライフル!

撮影に悩むくらい非常に長い砲身で、いい雰囲気を出しています。

 

ちょっとアップで。

グレーの単色整形なので、目立ちにくいですが黒で墨入れしています。

 

ライフルは2丁を連結し、ツインバスターライフル状態にすることもできます。

 

そしてこれー!キター!

ビームサーベル!

白パーツに緑で塗装がされているだけですが、それでも全然いいです!

ガンダムにはやっぱりソードアクションをさせたい!

 

羽が大きくて撮影に気を使います(笑

 

ちょっと角度を変えて。

くうーっ、かっこいい!

 

武装は以上です!

EW版のウイングゼロは、バードモードへの変形はなくし、シールドもないんですよね。

この、青と白と翼の意匠でのシールドも見てみたい気もしますが、初めからないのなら仕方ない。

 

というわけでこちらがフル装備です。

初弾の頃から、ユニバーサルユニットにはスタンドが付属していません。なので自分で用意する必要があります。

市販の汎用スタンドがあるのも知っていますが、自分はいつもの針金スタンドを使います。

この方がスタンド部分が細くて、目立たないんですよね。

 

さあそれでは針金スタンドで浮かせて、ウイングゼロのあの象徴的なポーズを取らせてみました。

なんという神々しさ!

ガンダムという無機物のロボットに、天使風の流線的な翼という組み合わせは、すごい発想ですよね。

賛否両論ありそうですが、「ウイング」という名を冠するこの機体でしかできない試みでしょう。

エフェクトで羽でも降らせたかったですが、時間がかかりそうだったので諦めました。

 

ちょっと角度と光源を変えてもう一枚。

第2弾のゼータやエックスでも関心していましたが、今回のウイングはその感動を軽々と超えてくれました。

どうしたのさユニバーサルユニット。本気出してきた!?

 

ちょっと上方から。

 

後ろから。

肉抜きが目立つよ!

 

空中でバスターライフルを射撃。

 

大気圏突入風に。

 

ビームサーベル!

 

両手持ちっぽく剣戟!

※実際は関節の限界で両手持ちはできません!

 

上の写真にビームエフェクトをつけてみました。

カコイイよウイング!

 

「任務・・・完了!」

 

ツインバスターライフルでSEED撃ちっぽく。

 

というわけで以上、ユニバーサルユニット第3弾の、ウイングガンダムゼロ(EW版)でした!

正直、今までのラインナップの中でも群を抜いて上出来だと思いますね。

武装の少なさが一番の理由でしょうけど、武器バリエーションによる販売戦略も取っていないし、500円の箱一個でこのウイングが手にできるというのが素晴らしいです。

あえて欠点を上げるとするなら、足の付け根の接続が緩いのと、小羽の肉抜きが目立つ点と、開き手が欲しかったなぁ、というくらいですね!

造形や見た目は文句なく、個人的に大満足、惚れ惚れしちゃいます!

 

 

 

ウイングがこの完成度だと、必然的に他の機体にも期待度が上がっちゃいますが、どうなんでしょう!

ウイングと一緒に買ったGP01は、

・ガンダム試作1号機 フルバーニアン(ロングレンジビーム・ライフル装備)

で、シールドが付いているビームライフル版も欲しいので、ダブるリスクを負ってでも2個目買いをしちゃうかもしれません!乗せられてる!販売戦略に乗せられてるよ!

→後で知りましたが、第三弾から、どっちが入っているか明記されるようになったんですね!これは素敵な改善です!

 

それではまた~

 


あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    ポーズがカッコいいですね!!
    よろしければ、針金スタンドの作り方を教えていただけないでしょうか…

    • digisan より:

      コメントありがとうございます!
      ユニバーサルユニットは墨入れをきちんとして、ポーズをビシっと決められると非常にカッコイイんですよね!

      針金スタンドは、全然大したものではないんですが・・・
      土台部分を丸く作って、円心に向けて伸ばし、そこから上に立ち上げます。
      そして先端を、乗せたいものを固定できる形に曲げます。
      言葉では説明が難しいので、今度別途記事にしてみます。
      百均で買える針金で簡単に沢山作れるので、お勧めですよ!

  2. フルカラー より:

    初めまして、
    ゼロカスタムの小さな方の羽を機体と大きい方の間に入れるなんて見たことない組み方だったので驚きました!
    これはこれで更にバックパックの存在感が出てカッコイイですね。

    • digisan より:

      フルカラーさん初めまして!
      Oh!
      そういえばまったく意識していませんでしたが、ゼロカスタムの小羽は後ろに行くのが正解なんですかね!?
      ウイングゼロが好きとか書いておきながら、あまり知らない事が発覚しましたね!
      まあなんにせよウイングゼロかっこいいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。