【レビュー】ガンダム食玩「UNIVERSAL UNIT 2」ゼータガンダム

どうも、デジサンです!

本日もガンダム食玩ユニバーサルユニット第二弾の紹介です。

 

今回は・・・

MSZ-006 Zeta Gundam

『機動戦士Ζガンダム』の主役機、ゼータガンダムです!


組み立て前にパーツをばらりっ

毎度そうですが、パッケージの底には「彩色済み人形(一部組み立て)」と書いてありますが、もう9割くらい組み立てですよね。

 

説明書はこちら。

ゼータガンダムのバリエーションは、

A:ビームライフル、シールド装備
B:ハイパーメガランチャー装備

の二種となっています。

僕が買ったのはAの方でした。

Bの方は字を読む限りランチャーだけのように見えますが、なんとビームサーベルが付いているようです。そしてもっとよく見ると、なんとなんと左手の開き手もあるようだ!

公式サイトの画像を見るとハイパーメガランチャーは大きくて迫力ありそうだし、なんだよー、Bの方が良さそうじゃないかー!

僕はつくづくビームサーベルに縁がないようです・・・

 

まあ仕方ないので組んでみましたよ。

前から。

今回も墨入れだけしています。

バランスが取れていてカッコイイですね。

 

後ろから。

バックパックのウイング?が目を引きますが、その分、そこに刻印されている著作権表示が気になっちゃいますね。

もっと見えない位置にできないものでしょうか・・・

バックパックの赤は省略されちゃっています。見た目的に大事な部分なので、できる人は塗っちゃうといいですね。

ゼータは「ウェイブライダー」と呼ばれる巡航形態への変形が特徴ですが、このキットでは変形はできません。

 

横から。

左腕のシールド接続の穴が目立ちます。

シールドを付けていれば気になりませんが、ハイパーメガランチャー版はシールドが付かずにこの穴はあるようなので、隠せませんね。

やっぱり2パターン買えということなのか!?

 

斜め下から見上げる。

ゼータは、なんとなくスマートな印象がありますが、足周りはスラスターの影響か、意外とゴツイんですね。

 

斜め上から見下ろす。

実はこのキット、シールが一枚もありません!

写真で見える色分けは、全て成形色または塗装です。僕がゼータにあまり詳しくないのもありますが、前述したバックパックの赤は残念ですが、本体には色が不足している印象もなく、シールで色分けする必要がないのは素晴らしいですね。

 

フェイスアップ!

細かいながらゼータ顔がうまく再現されています。

ただゼータ顔はあまり墨入れできる場所がないので、若干モヤっと感がありますかね。

 

腰アーマーは、ガンダムエックスでは可動式になっていましたが、ゼータは腰パーツと一体化しちゃっており、それが干渉して足を大きく開く事はできません。残念。

腕は水平まで上げられ、ヒジヒザは直角を越えて80度くらいまで曲がります。

腰は、角度によってはバックパックのウイングが引っ掛かりますが、だいたい一回転可能です。

 

武装はこちら!

ビームライフル!

ガンダムシリーズの定番の武器ですね。

別段特徴的な箇所はなく、グレー一色の成形です。

 

そしてシールド!

ゼータのシールドは独特なスマートな形状ですよね。使いこなすのに技術が要りそうです。

 

ビームライフルは、アレックスのものと同様に、グリップから後方に長さがあるので、持ち方によってはヒジを曲げられなくなっちゃいます。

 

地上でシューティング!

 

別のアングルから。

 

このゼータ、襟にアゴと後頭部が干渉しちゃうので、あまり首が回りません。

回らないことはないんですが、後頭部が襟の内側に、アゴは襟の上に乗る形になるので、顔上下方向の向きが固定されちゃいます。

 

肩の引き出し機構とかはないので、持ち手と反対方向への射撃ポーズは苦手です。

左手の開き手は、ガンダムエックスから借りてきちゃいました。

 

やっぱり開き手は良い!

もう全部のバリエーションに開き手付けてくださいよう。

 

ガンダムエックスと並んでサイズ感比較。

エックスはサテライトシステムや、ショルダーアーマーのでっぱりがあるので、ゼータの方がコンパクトに感じます。

 

また針金スタンドで浮かせました。

ゼータは地上よりも空中が似合いますよね。

通常版のユニバーサルユニットには、スタンドを刺せる穴がないので、腰アーマーの隙間に針金の先端を差し込んでいます。

 

そして定番のSEED撃ち。

ゼータにやらせると、なぜかどこかエレガントさを感じます。

 

エックスと同様に、白色LEDを照明にして撮影してみました。

うむ、カッコイイ!

 

ゼータはなんとなく、激しいアクションポーズよりも静かなポージングの方がカッコよく感じます。

 

これカッコイイ!

メガネキラーンみたいな(笑

 

首の上下の可動があまりできないので、上を向いて高速飛行っぽさを表現するのが難しいです。

 

空中シューティング!

 

やはり浮かせた方が足の自由度が増します。

 

この写真がお気に入り!

 

以上、ユニバーサルユニット第二弾、ゼータガンダムの紹介でした!

バックパックの赤塗装がなく、黒一色なのが一番残念な点ですかね。

ただそれ以外の造形や色分けは優秀で、たった500円で手のひらサイズのゼータガンダムのクールなカッコよさを堪能できます。

ガンダムエックスと比較すると、可動性はちょっと負けていますけどね。

ハイパーメガランチャーも大きくて迫力がありそうなので、欲しくなっちゃいます!

 

次は、ゼータプラスを紹介してみます!

ではまた~


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。