【レビュー】機動戦士ガンダムGフレーム01 νガンダム

どうも、デジサンです!

モビルスーツアンサンブルも途中ですが、今回はこちらぁ!

2018年2月19日から発売のガンダム食玩、

機動戦士ガンダム Gフレーム

の、

RX-93 ν GUNDAM

まずは「νガンダム」です!

 

Gフレームは、「アーマーセット」と「フレームセット」が分かれており、ふたつ揃えれば、約11cmの多彩なポージングが可能な可動フィギュアへとグレードアップ!するというガンダム食玩ですね。

第一弾のラインナップは、

・ニューガンダム
・サザビー
・ユニコーンガンダム

となっています。サザビー好きなので嬉しい!

 

パッケージ裏面。

Aがアーマーで、Fがフレームですね。さすがにこの買わせ方でブラインドはひどいので、選べるのはありがたいです。

 

ユニバーサルユニットど同様に、パッケージ内面が組み立て説明図になってます。

これがアーマー。

で、こっちがフレーム。

 

まずはアーマーから開けてみました。内容物はこんな感じです。

あ、あといつもの青いガムですね。

組み立てる必要はありますが、ランナーに繋がっているわけではないので、ニッパー等での切り離しは不要です。

 

それではちょっと墨入れして組み立ててみました。

おおー!いいですね!

立ち姿で固定ですが、ニューらしい見た目は素晴らしいです。

爪先とか、各所のオレンジは色が足りてないですね。

 

斜め下から見上げる。

 

顔アップ。

顔の造形も文句なしですね。ただ、アゴ?の赤い塗装が結構はみ出しているのが残念。

口?の三本のスリットは墨入れ推奨です。

アーマーは可動しないので紹介も簡単にここまで。


次は、フレームの方です。内容物はこちら。

こちらは、可動フレームと、武装、あと謎の「胸像」が入っています。

 

こちらが胸像。

うーん、これ、いる?笑

正直、これをやめて武装を増やしてくれた方がうれしいなぁ。

 

胸像の顔はフレームに付けられます。

シュールですね!

この写真で見ても分かるように、このフレームの可動箇所は驚異の多さです。食玩の限界を超えてきた感じですね。

 

で、アーマーをパチパチとこのフレームに組み付けていくことで・・・

超可動のνガンダムフィギュアが完成します!

ちょっと色が寂しかったので、爪先やスラスター等に雑ですがオレンジを入れています。

 

横から。

ショルダーアーマーのオレンジもないので、色付けると少し完成度アップです。

 

後ろから。

バックパックやリアスカートのオレンジもないので、気になったところだけ塗りました。

 

斜め上から見下ろす。

そのままだとやはりちょっと味気ないので、墨入れとちょっとした着色で随分印象変わります。

 

可動は驚異的で、足は完全開脚できるし、腕も水平以上に上がります。

首はボールジョイントだけでなく、根本にも前後の可動があり、かなり上を向けるようになっています。

 

なんと肩関節まで動きます。

前後、上下に動くので、腕の可動域がすごいことになります。

 

ヒジも直角以上曲がり、ヒザはなんと二重関節になっていて、ここまで曲がります。

食玩で二重関節のヒザとかすごくないですか!

 

爪先もここまで伸ばせます。

 

立てヒザだって余裕だぜ!

 

それでは武装紹介!

まずはビームライフルです。

上下の白黒だけ色分けされています。

 

そしてシールド!

アムロマークがシールとかではなく最初からプリントされているのがいいですね。ユニユニのシールは残念でしたからね。

 

で、フィンファンネル!

ニューといえばこれ!

これが付くだけ全体のボリューム感が増えますね。

フィンファンネルはそのままだと白一色なのでかなり寂しいです。

いいですねぇ。

1000円かけないとコレになりませんが、もっと小さいユニユニも同じ値段だったと考えるとすごいですね。

 

ちなみにユニユニのニューと並べるとこんなサイズ差。

これ同じ値段ですよ!

 

後ろから。

 

可動フレームにアーマーをつけると、アーマー側の無可動フレームが残ります。

シュール!

使っていない方の手を付けておくことができますね。


それでは軽くブンドドってみます。

針金スタンドで浮かせて。うーん、カッコイイなぁ。

 

めっちゃ動くので、SEED撃ちも余裕です。


 

フレームが動きすぎるので、それを活かしたポージングが逆に難しい印象。

 

肩関節の引き出しによって、Gガンでおなじみの腕組み風ポーズもできちゃいます。

 

殴りかかり!


以上、新発売のガンダム食玩「Gフレーム」第一弾から、νガンダムの紹介でした!

いやー、すごいシリーズが始まりましたね。

驚異的な可動箇所と可動域は申し分ないです。が、細かい所だと、首はよく動くんですが横を向く時に意外とエリが引っかかってアゴを引けない点はちょっと残念です。

あとは色不足が気になるくらいかなぁ。ファンネルなんかはホントにただの白一色なので寂しいです。

でもアサキンから続く食玩の可動フィギュアとしては、驚きの出来の良さです!

サザビーをまだ買えていないので、早く入手したいです。

 

次弾のBOX予約も始まってますね。

・Zガンダム
・ドム
・ガンダム6号機

だそうな。6号機とかマイナー機体で楽しみですね!

 



 

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. かめかめ より:

    こんばんは!
    νだけまだ買っていませんが、色を少し足すだけですごくよくなりますね!
    やっぱり買ってこようかな(^^;
    フレームはユニコーンのは左肩が少しゆるくて、シールドの重さに負けてしまいます。
    アーマーを取ったあとの無可動フレームは、無可動と言いつつ腕が上に上げれるので、νくらいなら台座の代わりになるみたいです。バランスは良くないですけどね(^^;
    次弾は好きなZが出るので楽しみです♪

    • digisan より:

      かめかめさんおはようございます!
      僕はまだニューしかいじってないですが、かなりいいですねー。
      最初はユニバーサルユニットと同じサイズ感で続けて欲しかったなーと思ってましたが、大きくしてくれてよかったと思い直すくらい良い出来です。
      ユニコーンは買っておいてまだ開けてないですが、楽しみです。
      サザビーを早く確保したい!笑

  2. シューさん より:

    お久しぶりです!
    やっぱりアサキンとかと比べると断然違いますねぇ~(笑)

    こないだイトーヨカードーに行ったらあったのでサザビーとνガンダム確保できました。
    でもまだ組み立ててないんですよ(笑)
    組み立てたら半光沢のトップコート吹こうかと
    あと、3mm穴なのでアンサンブルのパーツとかアクションベースとかも使えるのでいろいろ遊べそうですよね

    次段、確保したいのはドムとダグロックですかね、、、

    • digisan より:

      シューさんさんおひさしぶりです!
      Gフレームいいですねぇ。まだニューしか開けていませんが!
      ああ、サザビーとかテカリがあっておもちゃっぽいので、半光沢はいいかもしれませんね。僕も入手できたらメラミンスポンジで艶消ししてみます。
      3mm穴なんですねー、知りませんでした。情報ありがとうございます!
      僕はとりあえず全部確保したいんですが、こういうののBOX売りってどうしてダブらせて入れてくるんでしょう;;

  3. 匿名 より:

    初コメさせていただきます。νガンダム格好いいですね。
    顔のへの字ってどうやって塗ったんでしょうか?

    • digisan より:

      初めまして!コメントありがとうございます!
      νいいですよねー。
      への字は、色んなやり方があると思いますが、僕はいつも筆ペンタイプの黒の墨入れペンを使って、はみ出したインクは指やティッシュで拭き取っています。これで案外綺麗にできますし、これだけでも印象変わるので、やってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。