FW GUNDAM STANDart デルタガンダム 可動化!

どうも、デジサンです!

実は初めて他のブログ様から、このサイトをリンクしてもらったので、こちらでも紹介させて頂きます。

それゆけ!おもちゃ未知(道)!!

こういう繋がりが増えるのはありがたいし嬉しいことですね。

かなり高頻度に更新されているようで、更新頻度の低い僕は頭が下がる思いです。

これからちょこちょこ覗かせて頂きます!

 

今回はこちら!

FW GUNDAM STANDart

MSN-001 DeltaGundam

ガンダム食玩「スタンダート」の、「デルタガンダム」を可動化してみます。

 

スタンダートのデルタガンダムは、14弾、2012年7月に発売していたようです。僕はヤフオクで500円で買いました。

まずは無改造状態で、横から。

 

後ろから。

 

斜め下から見上げる。

 

斜め上から見下ろす。

今までいじってきたスタンダートは、無改造状態での立ち姿が微妙なものばかりでしたが、デルタガンダムはこのままでもなかなかカッコイイですね。

でもやっぱり、カッコイイならなおのこと、動かしたい!

 

無改造ではやはり可動箇所は少なく、首、肩、腕の付け根、手首、くらいですね。


じゃあ動かしていきますよー!今回も1記事にまとめちゃいます。

まずは普通に分割できる範囲でバラすとこう。

 

さらにこれを熱湯に漬けてグニグニと接着をはがし、はがせなかったヒザだけ切断したものがこちら。

 

足に着目するとこんな感じになってるんですが、スネのフレームと、ゴールドの装甲が別パーツになっているのがすごいな、と思いました。

装甲が分割できるのは、可動化には好都合です。

 

太腿の関節部分に穴を開けて、ランナーから切り出したプラ棒を入れ、装甲部分に「受け」の凹みを彫りました。

 

スネの関節は太腿が動きやすいように削って、仕込んだ関節は接着!で、こうなります。

見た目的には全然変化ありませんが・・・

90度くらいは曲がるようになりました。

ザ・完璧!

 

腰のスカートアーマーは今回も切り離して、ゼムクリップから切り出した軸を仕込んで可動化しました。

ここは細かくて大変だった・・・!

 

で、腕ですが!

腕は上腕から前腕まで一体成型で今回も悩みましたが、関節パーツの表現がある分、ブルーディスティニーよりはマシでしたね。

 

名称が分かりませんが、下の写真の関節パーツの片方をまずは切り出して、上腕もがんばって切り出します。

 

で、関節パーツの赤くへこんでる部分に穴を開けて、上腕の該当する箇所にも穴を開けて、細めのプラ棒を仕込み、切り出しておいた関節パーツを接着。

で、ここまで曲がるように!

ザ・完璧!

 

肩の関節も毎回悩むんですが、今回はこれを採用してみました。

これは、ユニバーサルユニットのGP01から取り出したパーツです。武装のために2個かっていたのが幸いしました。

これの肩のボールジョイント部分を切り出して、デルタに埋め込みました。


で、省略してるところもありますが、なんやかんやあって完成!

まずは武装なしで。右手はライフル接続用のでっぱりがありますが、気にしないでください。

 

立ち姿だと、もともとも良かったのであまり変化は感じないかもしれませんが、若干の「S字立ち」ができる事を意識しました。

 

関節を隠す改造をしているので、後ろからはあまり変化ないかも。

バックパックは可動化していません。

 

斜め下から見上げる。

造形もよくてゴールドの塗装も綺麗だし、STANDartってほんといい商品だったんですねぇ。今はもう終わっているのが残念です。

 

斜め上から見下ろす。

 

そして・・・動く!

今回、関節がユルいとかもなく、今までで一番うまくいきました。可動箇所は…

・首(ボールジョイント)
・肩(ユニバーサルユニットの肩関節)
・腕回転(既存丸軸)
・ヒジ(追加丸軸)
・手首(既存丸軸)
・腰(100均ボールジョイント)
・股関節(モビルスーツアンサンブル)
・ヒザ(追加丸軸)
・足首(ダブルボールジョイント)
・スカートアーマー前(追加丸軸)
・スカートアーマー横(切り込み追加)

こんな感じ。

 

ヒジは約90度まで曲がります。

 

ヒザも90度くらい曲がるので、辛うじて立てヒザが可能!

細いのであまり干渉しないですが、フロントスカートアーマーも可動します。

 

腕上げと、脚広げはこれくらい。

今回採用したユニユニの肩関節は、手軽だしサイズ的にもちょうどよくて、いいですね!

ただ、これももう売ってないので入手困難なのがネック!

 

針金スタンドで飛翔!

メッキではないですが、ゴールドの塗装が本当に綺麗です。黄色味が抑えめなので、ケバくない上品さがありますね。

 

いつものこれで合ってるのか分からないSEED撃ち。

 

地上で決め!

独特な形状ですが、シールドも大きくて美しくてカッコイイです!

 

シールドダッシュ!


デルタの終着点?、アサルトキングダムの百式と並べてみました。

なんか百式が野暮ったく見えちゃうくらい、STANDartはスマートでスタイリッシュですね。

 

金ピカ仲間の、HCM-pro暁と。

暁はメッキなのでギラギラです。

 

そして、同じく可動化したスタンダートシナンジュスタイン。

こうしてみるとシナスタさん地味!(カッコイイけど!)

 

二人でシューティング!

同じ世代の、同じAE出身ですが、作中で絡みはあるんでしょうか。

 

以上、FW GUNDAM STANDartの「デルタガンダム」全身可動化記録、でした!

今回も(といっても5年ほど前の商品ですが)良造形で、可動化も個人的にうまくいったので、満足度高し!です。

ホント、STANDartがもう終わっちゃっているという事実が残念ですねぇ。

 

今調べて知ったんですが、デルタガンダム2号機とかあるんですね!?


赤い機体が好きなので、めっちゃ気になります!

 


あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. シューさん より:

    可動化いいですね。見てるだけで楽しいです
    確かデルタガンダムって、
    Zガンダムの企画の時に ボツになった機体とかって聞いたことあります…
    次の可動化は、F91とかお願いしたいです

    • digisan より:

      可動化はやってる方も楽しいですよー
      食玩のユニバーサルユニットからガンダム復帰したので、このサイズの可動フィギュアが色んな機体で欲しいんですよ。

      あー、デルタは設定上だけの存在って感じなんですかね。
      めっちゃカッコイイのにもったいないですねー

      STANDartのF91は数年前に持ってたはずなんですが、捨てちゃったかもしれません・・・
      あとはMk-IIの白黒と、アルティメットオペレーションのEz-8があるので、まずはそこからですかねぇ。
      STANDartのGP04がヤフオク500円で入札してたんですが、10円だけ負けてゲット失敗しちゃいました!!悔しい!目を離しちゃだめですね・・・

  2. かめかめ より:

    デルタガンダム可動化完成おめでとう!
    もう慣れたもんですね(^^)
    色々な所から可動に使えるパーツを持ってくるのが凄いです。
    シナンジュスタインとの並び立ちも決まってますね!
    これからも楽しみしてます♪

    • digisan より:

      可動化完成ありがとうございます!
      STANDartは肩関節をどうしようかが毎回悩みどころだったので、ユニユニが使えるのを発見したのは大きいですね。
      ただ余分に買ったのはあまり多くはないので、手元の在庫はあまりないですね…

  3. としぽん より:

    相互リンクを許可していただきありがとうございました。
    なんか閲覧数増えてるなぁと思ったらバッチリ紹介までしていただき感謝感激です。

    今回も改造プランはわかりやすかったです。ちなみにシナスタとデルタですが開発時期がズレているため作中での絡みはありません・・・がデルタの後継機であるデルタ改はユニコーンの前日譚的(?)な漫画『アクロス・ザ・スカイ』に出てきますので興味があればどうぞ!

    自分も何か改造したいなぁと思いながらも持続力が無いのでほったらかしがいくつか・・・。

    • digisan より:

      としぽんさん、こちらこそリンクとご紹介ありがとうございました!
      ああ、シナスタとデルタは時期違うんですね、どっちもUCシリーズっぽいってだけの知識なので、一緒かと思ってました。
      漫画の紹介ありがとうございます。今度読んでみます!

      改造は楽しいんですが、手間と時間がかかるので、完成品での購入が色々あるとそれだけで満足しちゃいますよねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。