FW GUNDAM STANDart シナンジュ・スタイン可動化記録(3)

どうも、デジサンです!

最近こればっかりですが、今回も引き続き!

FW GUNDAM STANDartの「シナンジュ・スタイン」の可動化記録です。

下半身は動くようになったので、次は上半身に取り掛かりますが、今回はひとまずヒジの可動化をやってみます。

 

シナスタさんの腕は、上腕と前腕がパーツ分けされていますが、接着剤でくっついています。

ドライヤーで温めながら外すと、こうなりました。


ヒジの可動化はどうしようかなーと思っていましたが、ガシャポン戦士の関節がちょうどいい気がするので、今回はそれを採用してみます。

まずは、関節のこの丸い部分を流用するために切り離し、上腕からヒジ関節ごと切断!

切り出した関節はもういらないので捨てちゃいます。

 

で、ガシャポン戦士フォルテの関節にこの丸い部分を接着し、ガンダムマーカーのシルバーで色付けしました。

 

で、前腕の穴にはめる。

サイズ感バッチリです!

 

上腕の方はこんな感じで、関節がはまるように半円で切りましたが、シルバーの関節ガード?の意匠は残してあります。

 

で、上腕と前腕を繋げる!


ちょっとコレ完璧なんじゃなかろうか!?

これを両手分作りました。

これによって・・・

 

改造前はがっちり固定されていたヒジがー・・・

まっがーる!

おおー、いい!いいですよ!

 

曲がるのは90度くらいかなぁ。

十分ですね!

 

格闘っぽいポーズが出来るようになりました。

シナスタさんがどんどん動くようになっていく!楽しい!

あ、ちなみに右の開き手は、アサルトキングダムのバンシィから頂戴してきました。右手は無改造ではまります。左手は穴を広げないとですが。

 

ヒジが曲がるので、ビームライフルを小脇に抱えるような持ち方もできるようになりました。

ゴツめのライフルなので、こういう持ち方似合いますね。

 

斜め。

可動する関節を追加したのに見た目がほぼ変わっていなのが、自己満足度高いです。

 

ヤフオクで落札して、今日届いたデルタガンダムと並んで。

シナスタさん、結構大きいのかな?

デルタガンダムもカッコイイですね!こいつもそのうち可動化予定!


ビームサーベルも持たせてみました。

これはユニユニのペーネロペーのサーベルです。

なぜか踏んでるのは自分の盾。

 

動くようになるとビームサーベルもいい!

 

今回はヒジだけなので変化少なくてすみませんが、ここまで!

 

次は肩関節を可動化して腕を広げられるようにしようと思いますが、これもどうしようかなーと思っています。

コトブキヤのHIPS関節Ⅱ↓というのは買ってあるので、それを取り入れてみようかなぁ。

それではまた!

 



あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. かめかめ より:

    おぉ!肘だけでも随分動きが出ましたね!
    ライフルの重さにも負けてないみたいでいいですね(^^)
    引き続き楽しみにしてます。

    デルタガンダムは僕も持ってます。
    出来は良いし、金色の発色もいいですよね。
    細身なので、関節を仕込むのは難しいかもしれませんが、頑張って下さい。
    上手く出来たら参考にさせていただきます(^^;

    • digisan より:

      ポージングにおいてヒジの可動性って重要なんだなーと気付かされますね!
      ガシャポン戦士の関節が優秀なのか、今のところヘタれるようなことはないですねー

      デルタガンダム、STANDartで見るまで存在を知らなかったんですが、カッコイイですねー!
      これも棒立ち感があるので、動かすのが楽しみです。
      あーでもデルタの前にブルーディスティニーかなー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。