FW GUNDAM STANDart シナンジュ・スタイン可動化記録(1)

どうも、デジサンです!

そういえば、先月の8月末から、新食玩の「MSイマジネーション」が発売開始しているはずなんですが、一度も見かけたことがないですね。見つけたとしても買わない可能性が高いですが…

 

前回の記事でちらっと触れましたが、ヤフオクで落札していたコレが届きました!

FW GUNDAM STANDart
MSN-06S Sinanju Stein

ガンダム食玩の「スタンダート」というブランドの、「シナンジュ・スタイン」です。

『機動戦士ガンダムUC』に登場していたシナンジュの前身ですね。これが強奪されてあの真っ赤なシナンジュになったそうな。

 

スタンダートは、2007年から2014年くらいまで続いていた、「カッコイイ立ち姿」をコンセプトにした食玩で、今はもう生産終了していますが、数年前にトールギスIIIとF91だけ買ってた覚えがあります。(今はもうどこに行ったか分かりません…。捨てかもしれません、もったいない事したな!)

7年も続いていたというのは今初めて知りましたし、なかなか人気があったということなんですかね。

今回のシナンジュ・スタインは、第17弾のラインナップで、2013年5月発売、今から4年ほど前のアイテムですね。定価は660円のようですが、ヤフオクで300円でゲットしました。

 

横から。

スタイン自体のデザインや造形はカッコイイのですが、「カッコイイ立ち姿」というわりには、立ち姿自体は棒立ちでそんなにカッコイイとは感じません。

 

後ろから。

6機ものバーニアが目を引きますね。バーニアはシルバー塗装がされており、金属感があっていいです。

 

斜め下から見上げる。

プロポーションは非常に整っていて、さすがのフュージョンワークスって感じですね。

 

斜め上から見下ろす。

 

顔アップ。

他の方のサイトでも見ましたが、若干の面長感がありますね。目が目立ちすぎな気がするので、僕もちょっと頭を削ってヘルメット?をもう少し深く被れるようにしてみようと思っています。

左肩にはAE(Anaheim Electronics)のプリントがされています。めっちゃ細かい!

 

武装は、右手にビームライフル。

これ、先端が若干曲がっており、戻るかなぁと少し力を入れたらポキりと逝ってしまいました。なんってことだ・・・。熱してからやるべきでしたね。後で接着します。

 

左腕にはシールド。

シールドと腕は丸軸接続で、脱着や角度変更が可能です。

大きくて存在感がありますが、単色平面が多いのでのっぺら感があります。デカールでも貼りたい所ですね。

 

可動箇所はコンバージと同程度で、ほぼ動きません。

首、肩、手首、腕(回転)くらいですね。

 

アサルトキングダムのユニコーンと並べてみました。

シナンジュ・スタインの方が少しだけ大きくなってますね。違うブランドなのでしょうがないですが、サイズが合ってた方が嬉しかったです。


さて!

 

スタンダート自体の紹介はこれくらいにして、今回の目的は、このシナンジュ・スタインの「全身可動化」です!

 

まずは普通に分割できるレベルでバラすと、こうなります。

胴体から足へのガッチリ固定がやっかいですねー

 

腰はネジネジしていたら切れました。

 

さらに、下半身も前スカートと足が以下のように分割できました。

 

ヒザと足首も、ドライヤーで温めつつ分解して・・・

 

メックサーガシナンジュの可動化は、モビルスーツアンサンブルの関節を追加しましたが、今回は見た目を重視して、ヒザには関節パーツの追加は行いません。

まずは太もも側の関節を上のように切り出しました。

ここから、可動軸となりそうな、何て言うんでしょう、この丸い部分を切り出します。

 

でー、軸を通したい箇所に穴を開け、適当なランナーの端っこを切り取って軸を用意し、開けた穴に通します。

で、この軸に、切り出して置いた丸パーツを接着!

 

スネ側の、ヒザ関節受け口をホビールーターで削って広げておいて・・・

 

太ももの関節をはめて、丸パーツ部分だけを受け側に接着しちゃうのです!

 

これで、ヒザ関節のパイプなどの造形は残しつつ、可動性を追加できました!

ただ、これ以上は装甲が干渉して曲がりません!

 

足首もガッツリ固定されているので、下の関節を仕込みます!

100均のビーズタイ~

を切断した、お手軽ダブルボールジョイント!

今回初めて使ったんですが、便利ですねこれ!

 

足首に穴を開けてボールジョイントはめて、スネ側にも穴を開けて足首接続です。

 

で、こうなる!

今回も股関節はモビルスーツアンサンブルのパーツを使おうと思ってます。

まだ片足だけですが、今の所順調に進んでますよ!


スタンダートの首は丸軸なので、左右の回転しかできません。

この軸を切り落として穴を開け、胴体の首部分にも同様に穴を広げて100均ダブルボールジョイントを繋げます。

 

で、こう!

ダブルボールジョイントにより、左右だけでなく上下の動きも生まれたので、アゴを引かせることができるようになりました。やっぱりロボはアゴ引き俯きがカッコイイ!

 

さらに、100均ビーズタイをビーズ3連で切り出して、真ん中で両断します。

 

これを、分割したフロントスカートアーマーに仕込んで可動性を出してみようかと。

100均ビーズタイ、優秀!

 

ここまでやって深夜2時くらいになってしまったので、今回はここで切り上げました。

いやー、続きの作業が楽しみです。

 

STANDartはもう絶版なので、ネットショップとかでは若干高騰していますね。

 

シナンジュスタインはアニメのユニコーンにも出てなかったので全然知らなかったんですが、Ver.KaのMGとかも出てるんですね。超カッコイイです。



あわせて読みたい

8件のフィードバック

  1. かめかめ より:

    シナンジュスタイン、記事の最初の写真を見た時はデルタプラスかと思いました(^^;
    可動化楽しんでますね!
    パーツの分解や可動の組み込み方は色々あって参考になります。
    ホビールーターやビーズタイは必需品ですね。
    引き続き記事を楽しみにしてます(^^)

    • digisan より:

      そうなんですよー、STANDartのシナンジュスタインとデルタプラス似てますよね!
      カラーリングとか機体デザインとか。どっちもUCの機体だから関連性あるんですかね。

      可動化楽しいですねー。久しぶりに熱中できる趣味に出会えた気がします。
      ホビールーターでガリガリ削っていると、うるさいのとゴミが散らかるのが難点ですが…
      塗装スキルはほぼないので、そのうちそこも練習してみたいなーと思っています。

  2. UTA より:

    シナンジュスタインは当時、不人気だったのか、ごろごろ投げ売りされてた記憶があります。
    スタンダートもそこそこ集めてましたが、途中からだったので、中途半端なコレクションとなっていますが、フルアーマーZZは未だにお気に入りです。

    • digisan より:

      UTAさんおはようございます!
      おー、シナンジュスタイン人気なかったんですかー、カッコイイのに!
      マイナー機体なのと地味なのが影響してるんですかねー

      FAZZ、調べてみましたが、かなりのボリュームですね!
      これが特別弾じゃなくて通常弾ってのがすごい。
      発売してた当時にもっと買っておけばよかったなー

  3. UTA より:

    スタンダートってお顔がイマイチなのが多かった印象です。特にガンダム系が本当酷かったですね。

    そんな中でもフリーダムは出来が良かった様な気がします。何個か予備買ったと思います。
    バンシィもなかなかの完成度でしたよ。

    • digisan より:

      最近スタンダートのレビュー記事をよく見てましたが、確かに塗装ずれが酷いものとか多いみたいですねー
      顔ってとても大事だから、そこが酷いと全体が残念になっちゃいますよね。

      おー、フリーダムですかー、好きな機体ですね!改造のしがいもありそうです。
      ヤフオクでは最安で500円かなー、どうしようかなー

  4. UTA より:

    フリーダムは500円以上の価値があると思いますよ!それが可動すると思うとワクワクします!

    • digisan より:

      おー、フリーダムお勧めですかーどうしようかなぁ
      大学の頃にSEEDいっき観して、即MGフリーダムを買って作ったのを覚えています。
      STANDart改造してるブログで見ましたが、羽を開くとパラエーナが空洞みたいで、可動化するならそこを改善するのが難しそうですね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。