食玩合体ロボ! ムゲンアーサー!

どうも、デジサンです!

今回はこちら!

食玩「ムゲンサーガ」より、ムゲンアーサーを紹介してみます!

このブログを始めてから、スーパーの食玩コーナーを眺めるのが好きになったので、ちょっと気になったこれも手を出してみました。

 

ムゲンサーガというのは、過去にバンダイが発売していた「ムゲンバイン」という合体ロボ食玩を復刻したもののようですね。

「ムゲンアーサー」は、光と闇でそれぞれ5種ずつのロボに分かれており、それが合体することで、光のムゲンアーサー、闇のブラックムゲンアーサーになるようですね。

まあ細かい紹介はここでしてもしょうがないので、簡単に写真を載せていこうと思います!

あ、ちなみに、自分は光の5種だけ買いました。

 

まずは、「ムゲンナイト」。

ナイトと言っても、剣などを持っているわけではないです。

太ももの金と、腹部の金がシール。太もものシールは意外と悪くないですが、腹部中央のはなんとも取って付けたような安っぽいシールになっちゃってますね。

 

後ろ。

背面は随分簡素です。

まあ合体ロボの一部でしかないので、そんなにクオリティを求めちゃいけませんね。

 

斜め下から見上げる。

たくましい胸板を持ってます。

 

可動は、首、肩、腕、手首、腰、股関節、ヒザ、足首。あと腰の前垂れ。

可動箇所は意外と多いですが、それぞれがいまいちな可動範囲であり、自在なポージングは厳しいです。

なにより「ヒジ」が動かない事で、手がどうしてもまっすぐになってしまってカッコわるい。

 

顔はイケメンですね。

 

つづいて、「ムゲンライオ」。

額中央に角が出ていますが、見るからにライオンがモチーフ。

目はシールですが、金の成形色のタテガミはなかなか美しいです。

 

横。

なかなかにライオンらしさを捉えた造形でいいですね。

胴体中央の金のラインと、写真に写ってないですがシッポの片面に銀のシール有り。

復刻前のオリジナルだと、色んなデザインシールがあったみたいでカッコイイんですが、それがなくなったのはとても残念。

 

口が開きます!

がおー!

 

お次は「ムゲンユニコーン」。

凛々しい顔つきをしています。

燃えるようなタテガミと角がカッコイイですね。

目、額の銀、角の緑、胴体の金、シッポの銀、がシール。

 

後ろ脚で立つと馬っぽさが出ます。

 

ムゲンナイトをその背に乗せる事ができますが・・・

うーん、なんか決まらないな。ナイトがでかいのかな?

 

素ボディの方が自然に乗りこなしていました。

あ、ちなみに、上のライオとユニコーンには、それぞれ一体ずつシンプルなミニフィギュアが付いていますが、それが何者なのかよく分かりません。

彼らがパイロットで、このロボ達を操縦しているのだろうか?

 

さらに、「ムゲンリヴァイアサン」。

合体前だと、個人的にはこのリヴァイアサンが一番気に入りました。

目と、胴体横の金がシール。

 

口が開く!

 

体の各所が関節になっているので、グネグネ動かせます。翼も広げられます。

 

そして最後は「ムゲンフェニックス」。

翼が大きく、なかなかの迫力です。

 

目はシール。

あと、シッポの金もシールです。

 

空を飛ばしてみる。


で、以上の5体のロボットのパーツを分解・組み合わせることで・・・

 

合体!

ムゲンアーサー!

 

ゴッチャゴッチャしてますが、ヒロイックな合体ロボ感が凄まじいです。

 

後ろから。

実はこれ、余剰パーツが一つもないんです!

 

横から。

 

斜め下から見上げる。

 

斜め上から見下ろす。

全身の刺々しさがすごいですね。

 

顔まわりアップ。

 

斜め。

首の関節はボールジョイントとかではなく丸軸なので、左右は向けても上下の動きはありません。

 

合体したことにより関節も増え、ムゲンナイトだった頃よりもポージングがかなり決まるようになっています。

とはいえ、全身のガチャガチャで柔軟に動かせないのは見てわかる通りです。特に、腰と足の関節が外れやすいかな。

剣は、リヴァイアサンのシッポ。名前はあるのかな。エクスカリバーかな。

 

騎士っぽく剣を構える。

 

合体ロボものって今まであまり興味なかったですが、なかなかカッコイイですね!

 

パッケージ絵の構図で。

 

戦隊ヒーローの合体メカによくある、色んな色が集まっている感じですが、闇のブラックムゲンアーサーはもうちょっと統一性が取れている落ち着いたカラーリングになっており、これもカッコイイです。

ブラックの方を買えばよかったなー、とちょっと後悔しているくらいです。

 

今回は正式な組み方をしましたが、各所にジョイントがあるので、組み合わせ方は本当に「ムゲン」ですね。

人型だけじゃなく、戦闘機状態にしたり、動物っぽくしたり、想像力次第でいくらでも作れそうで、楽しそうです。

 

以上、食玩合体ロボ「ムゲンアーサー」の紹介でした!



あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. かめかめ より:

    おぉ~カッコいいですね!
    欲しくなってしまうじゃないですか(^^;
    以前から気になっていましたが、予算と置き場所の都合で手を出してません。
    実はスーパーミニプラのガリアンを2種買いました。
    1つ組みましたがカッコ良くてよく動くので満足です♪

    • digisan より:

      ムゲンアーサー、なかなかカッコイイですね。
      組み換え遊びもムゲンの幅がありそうなので、子供もこういうのが分かるようになったら喜びそうです。
      大人もこのシリーズの熱烈なファンがいるっぽいですね。

      スーパーミニプラは、ガンダム以外のスーパーロボットをほぼ知らないので、手出してないですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。