【レビュー】ガシャポン戦士フォルテ F018 武者斎胡頑駄無

どうも、デジサンです!

平日に記事を書けないので、休日に書き溜めです!

そういえばユニバーサルユニットの後継商品?として、MSイマジネーションというものが発表されていますね。

「傷ついてボロボロになったMS」というコンセプトっぽいですが、うーん、そうやって変にいじらずに、個人的には普通にユニユニの続きを出してくれたほうが嬉しいんだけどなぁ。

 

今回はこちら!

ガシャポン戦士フォルテ第3弾より、

MUSHA PSYCHO-GUNDAM

武者斎胡頑駄無

です。

フォルテは今のところ毎回武者が一体ラインナップされていますね。4弾にはいなさそうですが、シークレットが武者枠になるのかな?

 

パーツ数はこんな感じ。

サイコというと何だか巨大なイメージで、大玉かなーと思っていましたが、意外と小玉でした。

でもカプセルにぎっちりパーツがつまっていました。

 

頭部は完全に組み立て済みで、洗脳マスクが付いた状態になってます。組み立て済みは楽でいいですね。

相変わらず金の塗装が綺麗なのと、洗脳マスクの銀も綺麗で、金属っぽい質感が出ています。

 

全身を組むとこんな感じだ!

おおー、いいですね。

やっぱりガシャポン戦士の体型は、武者シリーズにマッチしています。

初期BB戦士のプラモデルよりもスタイリッシュでカッコイイんじゃないでしょうか。

各所の塗装も綺麗ですね。

 

後ろから。

 

横から。

 

斜め下から見上げる。

洗脳マスクはちょっと不自然にはみ出ているような気がしますが、こんなもんなのかな。

 

斜め上から見下ろす。

 

可動はいつもの、首・肩・ヒジ・手首・腰・足。

 

武者系の定めなのかもしれませんが、大きな兜と肩鎧で、肩はあまり上がりません。


武器はこちらの金棒。

これまた石のような質感で、棘も細かく作られていていい感じです。

 

付属のスタンドで飛び掛かっている風に。

重そうな斎胡は空中が似合わないなぁ。

 

第一弾の摩亜屈と対峙。

悪者ではないんですが、闇軍団に付けられた洗脳マスクで敵として登場していましたね。(確か

 

頭を抱えて苦しむ斎胡頑駄無。

 

正気に戻ったのか、斎胡!

洗脳マスクと通常の顔は、パーツの差し替えでの再現です。

パーツが細かくて大変なので、そう頻繁にはやりたくないですね。

 

斜め下から見上げる。

武者系は瞳も欲しくなりますね。

ちなみに斎胡の開き手は、他の機体と違って指にピーンと力が入ってないですが、これはきっとオリジナルのサイコガンダムをイメージしてのことかと!

 

で、斎胡の武器の金棒ですが・・・

設定通り仕込み刀になっており、抜刀できます!細かい!

 

摩亜屈と並んで。

身長的にはほぼ同じですね。重量感は斎胡が圧倒的ですが。

設定的には斎胡は大柄らしいので、もう一回り大きくして大玉でもいいんじゃないかと思いますが、コスト的な問題なんでしょうか。


以上、ガシャポン戦士フォルテ第三弾より、「武者斎胡頑駄無」の紹介でした!

小玉ではありますが、フォルテの力を遺憾なく発揮した良作だと思います。

このまま武者シリーズをどんどん出して欲しいですねー。

 

次弾はブルーディスティニーの3号機がめちゃくちゃカッコよくて、今から楽しみです。

しかしこの画像で見ると、どれが大玉になるのか分かりませんね。

 

ではまた!


あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. かめかめ より:

    こんばんは。暑いですね。
    このシリーズは武者頑駄無に力を入れてますね。
    無駄に出来がいいです(^^;
    ただ斎胡はもっと大きい方が良かったです。
    次弾にはないんですね。中途半端に終わらないようにして欲しいですね。

    • digisan より:

      かめかめさんおはようございます!
      いやー、ほんと暑いです・・・暑いの嫌いなので早く夏終わって欲しいです・・・

      武者系は出来いいですよね。ムリなデフォルメもしていないので、自然ですし。
      真悪参なんかも欲しいですが、DASHのプレバンで出てたみたいだからないかなー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。