【レビュー】ガシャポン戦士フォルテ F013 クスィーガンダム

どうも、デジサンです!

最近平日の投稿が一切できておりません!

それでも見に来てくれている方々、本当にありがとうございます。続けるモチベーションになっております。

土曜から日曜にかけて、兄家族が家に泊まりで遊びに来ていました。

社長やってるんですが、ポルシェ乗ってましたよ・・・

 

今回は・・・

2017年6月下旬から発売開始している、ガシャポン戦士f(フォルテ)の第03弾

楽天でフルセットで注文していたのです。

 

今回はそんな第3弾の顔となるこちら!

RX-105 Ξ GUNDAM
「クスィーガンダム」です!

小説『閃光のハサウェイ』にて、ノア・ブライトさんの息子ハサウェイ・ブライトが駆る主人公機ですね。

 

パーツ数はこんな感じで、さすが大玉といえる多さです。

所々、誤混入を防ぐためにランナー?で繋がっているので、切り離しが必要です。

指で切ると綺麗にできないのでカッター等をお勧めしますが、小さい子は注意してくださいね。

 

顔はこんな感じで2パーツ構成です。

今弾から、顔の目やマスクは組み合わせ済みで入るようになったみたいですね。

アンテナを付けるとこう。

アンテナ中央の赤い部分が大きく、クスィーらしい顔になってますね。

口のスリットはもとから着色済みです。

 

全身を組んで正面から!

おお、なかなかいいですね。デフォルメ体型ですが、大玉だけあってなかなかの存在感。

白が多いのでシャーペンで軽く墨入れしてみましたが、あんまり効果出てないかも。

クスィーは両肩の三角のミノフスキークラフトが特徴のMSですが、このサイズとデフォルメ具合でもよく雰囲気が出ています。

 

後ろから。

バックパックは、中央のブースター、左右のウイングの3パーツで構成されています。

いじっているとポロポロ外れるので、接着しちゃっていいかも。

 

横から。

ウイングはガシャポン戦士にしては長さがあり、横から見た時のボリューム感アップになっています。

肩の上のビームサーベルは斜めになっていますが、後方に向けて斜めに出るようにするのが正解のようですね。そうしないとアンテナに干渉しちゃいます。

 

斜め下から見上げる。

クスィーの全身のトゲトゲとした感じが出てます。

 

斜め上から見下ろす。

アンテナがシャープで綺麗にできていていいですね。

 

可動は、首・肩・ヒジ・手首・腰・足。

見た目から感じる「動かなさそう」というイメージよりは動くかな、という印象。

首の上下の動きはほぼないですね。

 

肩のミノフスキークラフトは、肩の上のでっぱりにパーツをはめる形になっています。


武装はこちら、まずはビームライフル。

(ちょっと写真ボケました・・・・)

 

シューティング!

 

そして左腕にはこちらのシールド!

いいですね! カラーリングも造形も、なかなか細かく作りこまれています。

 

というわけでクスィーフル装備はこちら!

カッコイイですが、ビームサーベルなど他の武装はありません。

 

斜めから。

 

付属のスタンドで浮かせてみる。

躍動感が出ていいですが、やっぱり付属のスタンドは短い!

 

このスタンド、今回から少し変わって、使っていない手首を穴に付けたりできるようになってます。

 

さらに裏面にも穴があき、肩関節のボールジョイントをはめる時に使えるらしいですが、今回は使っていません。

 

肩のミノフスキークラフトを両方外すと、武者系でよくある軽装モードっぽくなりますね。


さて、このクスィー、ミノフスキークラフトを接続する肩のパーツは、下の2種類が入ってます。

上までの写真は、左の接続パーツを使っていました。ちなみにこのパーツだけ軟質素材でなく、プラっぽい硬質な素材になってます。

で、右のパーツを使うと・・・

ミノフスキークラフト展開状態になります!

まあ、前後に開いただけなので、あんまり大きく印象は変わりませんね。

 

ちょっと上から。

 

斜め上から。

 

針金スタンドで飛ばしてみました。

クスィーは空中が似合います。

付属の短いスタンドでは、飛行感は出せません。

 

ちょっとピンボケしましたが、意図せず高速飛行っぽくなりました。

首があまり上を向けないので、せっかくの飛行感を活かしきれません。

 

裏から。

足裏もしっかりモールドあり。

 

空中射撃!

ライバルのペーネロペーと並べたくなりますが、あっちはプレミアムバンダイでの特別版になってます。

 

というわけで以上、ガシャポン戦士フォルテ第3弾から、「クスィーガンダム」の紹介でした!

カラーリングや造形は文句なしで、ミノフスキークラフトの展開状態の実現などおもしろいですが、第1弾のハイニューや、第2弾のクアンタほどの感動はなかったかなぁ。自分がフォルテのクオリティに慣れちゃっただけかもしれませんが。

これが300円という事実は、5年くらい前の自分に見せたら驚嘆していたかもしれません。

こういうおもちゃのクオリティが全体的に上がっているから、作り手側は苦労しているかもしれませんね。

 

6種フルセットはここが1,700円でお得!

 

そしてもう4弾の予約開始してるし!


次弾、みんなカッコイイ!

ラインナップは、

フェニックス・ゼロワン
ブルーディスティニー1号機
ブルーディスティニー2号機
ブルーディスティニー3号機
イフリート改
ペイルライダー
シークレット

となってますが、自分は全部知りません!

そしてシークレットってなんでしょうね。フォルテでシークレットは初なんじゃないでしょうか。楽しみですね。

 

ではまた!


あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. おかっち より:

    つぎはブルーディスティニー1.2.3号機というものですよ わたしはずっとまってました

    • digisan より:

      おかっちさんはじめまして!
      ブルーディスティニーかっこいいですねー。
      僕はデフォルメ具合が強いのはあまり好みじゃないのでガシャポン戦士はそのうちやめようと思いつつ、次もかっこよさそうなのでなかなか卒業できないです…

  2. かめかめ より:

    レビューお疲れ様です。
    クスィーはボリュームあって良いのですが、今回から目の塗装がずれてるのが多く、クスィーは目も奥まっていて上手く光ってくれません。
    せっかくいい出来なのに残念です。
    あとMkⅡの顔も外れやすいですが、デジサンさんのはどうですか?
    次弾の機体はよく知らないのでスルー予定ですがゲームがあったので人気はあるみたいです。

    • digisan より:

      かめかめさんこんにちは!
      目の塗装ずれ多いんですか。あまり気にならなかったですね。
      実は全種買いしておいて、カプセルを開けたのがまだクスィーとGディフェンサーだけなのです…
      なのでMkⅡの具合は分からないですが、開けるのを楽しみに多忙な平日を乗り切ります!;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。