【レビュー】モビルスーツアンサンブル02 ジム

どうも、デジサンです!

昨日スーパーの食玩コーナーに行ったら、ユニバーサルユニットの新弾が出ていて驚きました。もう出てたんですね!

さっそくニューをA&Bで買いましたよ! 陸戦型も楽しみです!

 

今回はこちら!

RGM-79 GM

モビルスーツアンサンブル第2弾より、最後の機体「ジム」の紹介です。

ファーストガンダムの量産機として再設計されたMSですね。

 

カプセル色は青で、パーツ数はこんな感じ。

前の2機が豪華すぎたので、ジムが簡素に感じちゃいます。

 

全身を組んで正面から!

おお・・・なかなか悪くないんじゃないでしょうか。ジムのかわいらしい感じが出てますね。

シャーペンで墨入れだけしています。ガンダムと違い、ベースカラーは純白ではなく微かに緑がかった白になっています。

手は武器セットの穴なし握り拳です。

 

顔をアップ!

ジムは、顔のパーツ分割は一切なく、1パーツ構成です。

実際はカメラ部分のクリアパーツなどがありますが、最初からくっついて入っているんですね。

カメラはグリーンのクリアパーツで、裏面が銀塗装になっており光を反射します。

カメラの奥はモールドがあり、単調な平面ではなく若干のメカっぽさが出てますね。

 

後ろから。

シンプルかわいい。

バックパックのビームサーベルは一本しかないですが、これだと左手でしか抜けないですね。

 

横から。

目が綺麗です。

アンサンブルは共通の関節がシールドなどの接続穴になっているので、ユニバーサルユニットのように接続ポイントが目立つような事がないのがいいですね。

 

斜め下から見上げる。

前の2機と比べると簡素でコメントに困ります・・・。

が、きっとそこが量産機好きの心をくすぐる・・・んですかね?

 

斜め上から見下ろす。

ジムは量産型ではありますが、現実世界でこの巨大人型兵器を作るとなると莫大なお金がかかりそうですよね。

 

可動箇所は他と同じく、首・肩・ヒジ・手首・腰・足・ヒザ・足首。

全身がよく動きますが、ジムのふっくらしたお顔のせいで、首の可動範囲はちょっと狭く感じますね。

 

こんな感じで肩もあまり上がりません。

それでもダブルオーよりはましですね。


武装は、まずはこちらのビームスプレーガン。

ちっちゃくてかわいいですね。

ジムも設定上はビームライフルを持っていますが、アンサンブルには付いていません。持たせるならガンダムのを奪えってことですね。

 

構える!

なんかカッコイイぞジム!

アンサンブルの数少ない欠点として、腕が外側にあまり開かないというのがありますね。ここが動けばもっとポージングが決まるんですが。

まあコンセプトが「重装」なので、アクションは二の次なんですかね。

 

決めッ!

 

左腕にはシールドです。

これは第1弾のガンダムのものと同じですね。

 

ジムフル装備で素立ち。

シンプルですが、いいですねぇ。

 

ちょっと斜めから。

量産機には、量産機にしか出せない魅力がある、と大人になってようやく気付きました。


ジム自体の武装はこれで終わりです。

寂しく感じますが、ダブルオーとバンシィが特殊なんであって、第1弾はみんなこんなもんでしたね。

 

まあ、せっかくなので。

背中のビームサーベルはくっついているので抜けませんが・・・

 

第1弾の武器セットのビームサーベルを持てます。当然ですが。

こだわる人は、背中のサーベルは切断して脱着式にしちゃいましょう!

 

やっぱりMSにはビームサーベル!

ジムもビームサーベルを構えるだけで玄人っぽくなる不思議。

 

剣と盾で構え!

この雄姿!


量産ジムのもととなったガンダムさんと共演。

「ここは俺に任せておけ」みたいな雰囲気でカッコイイ。

 

針金スタンドで空中剣撃!

第1弾武器セットのビームサーベルは、そのままだとただの透明クリアパーツなので、パッと塗っちゃいましょう。

 

ザクさんを一刀のうちに両断するジムさん。

 

シューティング!

「それでも守りたい世界があるんだぁぁぁ!!」(違

 

たぶん誰もがやる事と思いますが、ジムオーライザー。

「そうだ。未来をつくるために、俺たちは、変わるんだ!!」(違

 

さらにフォルテクアンタのバスターソードも持たせてみました。

フォルテではでかすぎたバスターソードは、アンサンブルにはちょうどいいくらいですかね。

ただ、グリップの太さが違うのでしっかり保持はできません。

もうここまでくると、ジムさん、負ける気がしませんね。

 

ユニコーンのガトリングシールドも。

「バナージ・リンクス、ユニコーンジム、行きます!」(違


さてこれで、第2弾のMS3機の紹介が終わりました。

ものすごくボリューム感のあるナンバーでしたね!大満足です!

 

というわけで以上、モビルスーツアンサンブル第2弾、「ジム」の紹介でした。

量産機ということもあり、ジム自体はとても簡素ですっきりしていますが、その分アンサンブル独自の組み換えや武装鬼盛り遊びに向いていると思います。

ダブルオーライザーやバンシィノルンは、もうそれだけで完結してますからね。

ジムはシンプルな分無限の可能性を持っていそうです。今回は簡単な遊びしかしていませんが、みなさんはぜひ主役級のジムを作ってあげてください!

 

第2弾のフルセットは、ちょっと安めのショップが出ていました。

 

2268円だと、ガチャで5回まわすよりもお得です!

 

次弾の公式画像も出てましたね。

次はもう、フルドドも武器セットも、ヘイズルのためだけのラインナップみたいになってますが、どうなんでしょうね。

 

次は、武器セットはもうほぼ紹介しちゃったようなものだから、ユニバーサルユニットにしようかな!

それではまたー


あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. かめかめ より:

    レビューお疲れ様です。
    ジムはさすがに量産型で汎用性高いですね!
    OOやバンシィは単体で勝負出来ますが、ジムはすっきりしてるので、追加でゴテゴテが似合いますね(^^)
    一見強そうになるんですが、やっぱりジムなんで弱いですよね(^^;

    • digisan より:

      かめかめさんこんばんは!
      アンサンブルの遊びはジムのような個性の無さが逆に光りますね
      OOは完成されているので手を出しづらいですw
      首の付け替えをするのを忘れていましたが、別の記事でやってみようかな…

  2. UTA より:

    アンサンブルレビューお疲れ様です!

    やはりジム、最高に墨入れ効果が出ていますね!シンプルな機体程墨入れで化けますね!

    自分は結局トータルで6機も入手しちゃって、持て余してます。

    • digisan より:

      UTAさんおはようございます!
      アンサンブルは表面積が少ないので墨入れ分が少ないですが、効果出てたならよかったです。
      触ってみるとジムもかわいくていいなぁと思いますね。

      6機! 小隊組めますね(笑
      量産機はいっぱいいればいるほど雰囲気出るんじゃないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。