【レビュー】ガシャポン戦士フォルテ F010 ガルバルディβ

どうも、デジサンです!

ユニユニデンドロビウムの思わぬ介入がありましたが、ようやく一旦落ち着きましたので、残っていたこれに戻ります!

ガシャポン戦士フォルテ第2弾より、

RMS-117 GALBALDY β

「ガルバルディβ」です!

いつものように僕はこの機体は知りません!すみません!

ちょっと調べてみたら、ゼータに登場したMSのようですね。

ジオン軍から接収したガルバルディαを、地球連邦軍が改修を施したそうなので、意外とこれは連邦機なんですね。

 

パーツ数はこんな感じ!

 

頭部はこの3パーツで構成されており・・・

組むとこうなります。

頭部の方に胴体と接続するピンがあるのは珍しいですね。

 

全身を正面から。

なかなか悪そうな顔をしています。

 

後ろから。

胸部やバックパックは塗装になっています。

塗装の方が写真映りがいいですね。

 

横から。

派手なバックパックもないので、フォルムはシンプルです。

 

斜め下から見上げる。

モノアイはよく見ると、縦横にモールドが入っていますね。

 

斜め上から見下ろす。

 

さてこのガルバルも、パーツ分けから想像できると思いますが、モノアイの向きを変えられます。

ヘルメット(?)を一旦はずし、モノアイを動かして、また被る。

で、視線変更完了です!

 

可動箇所はメッサーと同じく、首・肩・ヒジ・手首・腰・足、さらにモノアイ。

 

フォルテ共通項として、左右の開き手が付属しています。

 

顔が下方向に広がっているので、肩はほぼ上がりません。

これ、ただ立ってるんじゃなくて、腕を上げようとしています(笑


武装はこちらのビームライフル。

 

スコープは別パーツになっており外せますが、意図せずポロポロとれちゃうので、接着してもいいですね。

 

そして左腕にはシールド。

ここで唐突のグリーンですね。

設定では伸縮可能で、ミサイルを2発内蔵しているそうですが、フォルテではそういう作りこみはありません。

武装は以上で、ビームサーベルは持っていないのが残念。

なんとなく第二弾は、第一弾のギラドーガなどと比べても、クリアパーツもないしちょっと寂しいものが多いですね。クアンタで頑張りすぎたんでしょうか。

 

フル装備で正面から。

 

付属のスタンドで浮かせて。

ガンダムタイプでは出せない、モノアイによる「にらみ」が効いてます。

 

モノアイパーツにヘルメットを被せる構造なので、ちょっとヘルメットの位置を調整すれば、こんな感じに「見下ろし」を表現できますね。

すごい悪役顔ですが、劇中ではどうだったんでしょう。

 

針金スタンドでシューティング!

 

地上で。


同じ第2弾のモノアイ機、メッサーと並んで。

 

Zガンダムに登場のMSなので、第2弾ゼータと対峙。

とりあえず睨み合わせてみましたが、劇中では敵なのか?味方なのか?

 

ゼータ仲間で記念撮影。

 

さてこれで、ガシャポン戦士フォルテの第2弾、全員の紹介が終わりました!

ダブルオークアンタは300円ガチャとして本当にすごいクオリティを持っていますが、その煽りを受けてか、ガンダムタイプ以外の3機の寂しさが際立ってしまったように感じましたが、みなさんいかがでしょうか。

 

楽天では既に、6月発売予定の次弾のフルセット予約が始まっていますね。

フルコンプで1700円の↓のショップが安そうです。

【予約】【コンプリート】機動戦士ガンダム ガシャポン戦士フォルテ03 全6種セット◆発売予定:2017年6月

上の写真を見ると、武者斎胡頑駄無がデカそうでいいですね!

Mk-2もいい感じですね。フォルテで初の支援機、Gディフェンサーもいますが、合体できるんでしょうか。

 

プレバンでは特別弾のペーネロペーの予約が、もうすぐ終わりそうですね。

僕は買う予定はないですが、フライトユニットの分離もできて楽しそうです。

 

さあ次は、買っておいてまだ開けてもいないコンバージに行きます!

それではまた~!



 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。