【レビュー】UNIVERSAL UNIT ハミングバード Ver.BLUE (Zeta plus Bst/WR編)

どうも、デジサンです!

 

前回、ガンダム食玩ユニバーサルユニットの特別弾「ハミングバード」のレビュー前半をお送りしました。

今回はその後半、ゼータプラスBst、ウェーブライダー形態の紹介をしていきます。

 

ゼータプラスの肩や足を外してガチャガチャとパーツを組みつけ、Bst型(ハミングバード)がこちら!

凄まじいボリューム感! たまりません!

ところで「Bst」って一体何なんでしょうか? 何かの略?

Sガンダム ディープストライカーの随伴機として計画された機体のようです。

アレにコレが随伴するとか、どんだけ豪勢な部隊にする気だったんでしょうか(笑

 

横から。

横から見るとガンダム感皆無です。

墨入れが正直ゲンナリしましたが、お高いものこそしっかりやらないともったいない!

 

後ろから。

下半身の異形さから、やはりモビルスーツっぽさが少ないですね。

半分モビルアーマーみたいな機体デザインです。

 

斜め下から見上げる。ちょっと右下がハレーション起こしてますが、目の光がうまく撮れたので。

脚部のブースターユニット内側のモールドも細かく作られており、墨入れが大変でした。

ちょっと雑になっちゃっいましたが、真剣にやったらかなりの時間を取られると思います。

この脚部と肩部のブースターユニットは、素材的に、「大まかに塗ってはみ出た部分を拭き取る」というやり方ができない(拭き取っても綺麗に落ちない)ので、筆ペンタイプの墨入れマーカーを使っている方は、要注意です。

 

斜め上から見下ろす。

食玩とは思えない、凄まじい情報量です。

今回、ビームスマートガンのスコープのシールは、色不足が気になったのでやっぱり貼っちゃいました。

 

顔周りをアップ。

胸部・顔はゼータプラスC1と同じですが、肩や腕は別パーツになっています。

肩関節は共通ですが、下半身はまったくの別物。

あ、腰横のビームガンだけ共通です。

 

斜め下後ろから見上げる。

もうガッチャガチャしててワケが分かりませんが、そこがいい!

 

重装備で可動が殺されているように感じますが、意外とそんな事もなく。

肩のブースターユニットも柔軟に動くので、結構生き生きとポーズを付けられますが、このハミングバード形態だと大げさなポーズは逆に不自然ですね。

重量級大型MSは、戦艦のようにずっしりとしているのがカッコイイんでしょうか。

脚部バーニアは、ヒザ部分の回転はできますが曲げる事はできません。

 

武装は、C1型のビームスマートガンに、グレーのロングライフル?を接続する形になっています。

グレーのライフルに開けられた穴は、後ほど用途が分かります。

 

銃を構えて。

カメラコンディションがよかったのもありますが、やっばいですコレ。超カッコイイ。

 

Sガンダムがよくやっている、腹部前方で武器を構えるポーズっぽく。

 

斜めから。

照明で目をうまく光らせられると、痺れるくらいカッコイイです。

ビームスマートガンのスコープシールはやっぱりちょっと安っぽさというか、違和感出ちゃいますね。塗装技術を上げてみようかなぁ…

 

写真にも写っていますが、このキットには透明のスタンドが付属しています。

こんな感じで、股下のプロペラントタンクパーツに取り付けて、浮かせる事になります。

角度は即時には代えられませんが、いったん取り外してはめ直すことで調節が可能です。

が、上の写真のようにタンクがスタンドとぶつかるので、これ以上前傾姿勢にはなれません。

 

というわけで針金スタンド大活躍です。

といっても、ハミングバードは重いので、安定して浮かせるのは結構難しいですが。

ビームスマートガンの長さをフレームに収めようとすると、大変です。

 

第2弾のゼータプラスA1とのボリューム感比較を。

ここまでくるともう別物ですね。

 

イケメンな横顔を。

 

高性能のカメラが欲しいです…。


さて、次はウェーブライダー形態への変形ですが、このサイズ感なので「完全変形」はさすがに難しく、下の写真のような別パーツに、ブースターなどを組み付けていく形になります。

 

そして出来上がるウェーブライダーがこちら!

軽く感動しましたよ…

特別弾とはいえ食玩でここまでの情報の濃いウェーブライダーが作れるなんて。

 

正面から。

 

横から。

機体前方の方針が長いので、全身を収めようとするとどうしても小さくなっちゃいます。

 

後ろから。

真後ろから見るとなんだか分かりませんが、墨入れの大変さが伝わるでしょうか…

 

後方斜めから。

このゴテゴテ感いいですね!

翼がなくブースターだけなので、宇宙専用機なんですかね。

 

斜め下から見上げる。

スタンドは、機体下部にあるグレーのライフルの穴に接続する形になります。

 

斜め上から見下ろす。

機体下部に接続するシールド裏面の肉抜き穴がちょっと目立っちゃいますが、それでもこのカッコよさのウェーブライダーをうちに置いておけるのは嬉しいです。

 

前述の通り今回のウェーブライダーは、「本体の変形」ではないので、WR形態を作った後でも、ゼータプラス素体が残ります。

なので、本来はありえないこんな共演も可能。

ウイングなどがないので素体は随分シンプルになりますが、MSとして最低限の存続はできますね。

肩アーマーはハミングバードのグレーのものにしていますが、A1/C1の青のものも余っているので付けられます。

 

ちょっと角度を変えて撮ったら、何かのアニメのOPシーン風になりました。

 

上に乗せる事も可能。

 

ガンダム系のMSが好きなので、今まであまりこういった「変形」系って興味なかったんですが…

やっぱり手に取ると違う! ウェーブライダーかっこいいよ!


肩や腰・バックパックのピンサイズが同じなので、パーツを組み替えてオリジナル形態を作って遊んだりもできます。

腰のビームガンを肩に、ウイングを腰につけてみました。

 

ネタのつもりでやりましたが、なんか普通にカッコイイんですけど…

 

後方から。

ゼータプラス陸戦高速機動型って感じでしょうか。

 

腰にウイングとか、最近のガンダムにいそうじゃないですかね。

機動力がすごく高そうです。

 

と、いうわけで!

ガンダム食玩ユニバーサルユニット特別弾「ハミングバード(Ver.BLUE)」、Bst/WR形態の紹介でした!

素体は通常弾第2弾のゼータプラスの色変えでしかないですが、A1/C1/Bst/WRと4形態楽しめるのでプレイバリュー高いです。

手にするまでは、「足がブースターのガンダムってどうなのよ」という懸念はありましたが、一瞬で吹き飛びました。惚れましたよ、ハミングバード。買ってよかったです。

今更ながら難点を上げるとするなら…

・Bst形態の肩部ブースターユニットが重く、肩のジョイントがヘタる。

・ビームスマートガンの肉抜きが目立つ。

・墨入れが大変(細かく作りこまれているという良点でもある)。

・アンダーゲートなどの配慮がされていないので、ランナーからパーツを切り離すとせっかくの塗装が剥げる。

特に最後の点が、作っている時に目立って残念な部分ではありました。

モノはすごくいいんだから、もうちょっと設計段階で工夫してくれればもっともっと良キットになるんですけどね。

 

ああ、これでユニバーサルユニットは、次弾の5月までお預けになっちゃいました。

2カ月は長いなぁ。それまでブログネタがもつだろうか…

 

それではまた~


あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. UTA より:

    デンドロビウム買っときゃ良かったってなってないですかぁ〜

  2. マサ より:

    ゴツくて良いですねー!
    ハミングバードはゴツいけどZのスマートさが残ってるので、 FAZZも良いですが、なかなか好きなMSです。
    個人的に赤よりも青の方がイメージが暗くて良いなーって全体の写真で思いました!
    あ、センチネルシリーズだとネロが好きです…笑
    ビームガン肩に付けると、シグーディープアームズみたいです!カラーリングも似てるし(゚Д゚)

    UTAさん
    以前のコメントで、ペーネロペの話がありましたが、そういった値段で売ってるとこもスーパーとかではたまにあるんですか⁇

  3. digisan より:

    >UTAさん
    いやー、もうあれは自分の中で「ないもの」になってますよ!(笑
    2万という値段とあの巨大さは、オサイフ的にも妻の心象的にも今はムリです;;
    欲しいんですけど!超欲しいんですけどね!

    >マサさん
    僕はユニバーサルユニットで見るまでハミングバードって知らなかったですが、それでも一目ぼれするくらいカッコイイです!
    確かに、ただのゴツさだけではなくて、スマートさがありますね。そのアンバランスさがそそるんでしょうか。
    シグーディープアームズ! ググってみましたが、ホントだちょっと似てるww

    イオンの食料品売り場って、売れずに残り続けた食玩みたいなのをたまに捨て値で売ってるんですよね。
    でもタイミングも分からないし、何が処分品になるかも分からないので、狙って入手するのはほぼ不可能か、相当な執念と根気が要ると思います(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。