【レビュー】ガンダム食玩「UNIVERSAL UNIT 3」バルバトスルプス

どうも、デジサンです!

投稿一覧がすっかりガンダムネタになっていますが・・・まだ続けますよ!

今回は・・・

ASW-G-08 GUNDAM BARBATOS LUPUS

ユニバーサルユニット第3弾、「ガンダムバルバトスルプス」の紹介です!

 

この機体は、「鉄血のオルフェンズ」の主役機ですが、僕はオルフェンズは観ていません。

そのうち観たいなぁとは思っていますが・・・

なので、この機体や世界の知識はまったくありません!

 

武装バリエーションは、

・A:腕部200mm砲装備
・B:ソードメイス装備

となっていますが・・・え、これ両方買い以外でA選ぶ人いるの?

というくらい、バルバトスの知識はなくても、「なんかデカイ鈍器もってるなぁ」という印象はあるので、迷わずBを選びました。

巨大な実体剣というのは、ロマンですよね!

写真を見る限り、Aは穴の開いていない握り拳がついてそうなので、そこだけちょっと魅力かなぁ。

 

ところで、このバルバトスだけ、スーパーでなかなか見つけることができませんでした。

やっぱりリアルタイムで放送中の機体は人気が高いんでしょうか。

普段行かない大型スーパーでようやく発見でき、ほっとしていますよ。

 

パッケージ内部の組み立て図はこんな感じです。

 

内容物はこちら。

こうして見ても、塗装がなかなか細かくされているなぁ、と感じますね。

 

今回も胴体と頭部が結合済み。

「一部組み立て済み」たる所以ですね。

 

さて今回も墨入れしつつ作ってみましたが・・・

分かる!

アニメを見たことなくても、カッコよさが分かるよ!

バルバトスって主人公機の割にはずいぶん禍々しいデザインをしていますよね。

今回、残念ながらシールが付属していますが、左右のショルダーアーマーだけであり、その他は成形色と塗装です。

額の巨大なアンテナ?は、ゴールドで綺麗に塗装されており、光に煌めきます。

原作を知らないのでコメントしづらいですが、なかなか再現度高いんじゃないでしょうか。

名前の「ルプス」というのは、南天の星座「おおかみ座」のことでしょうか。

 

 

後ろから。

カッコイイなぁ。

腰のサイドアーマーが大きく、特徴的ですね。

動きやすさを最重要視したような初期のバルバトスからは大きく変わっていて、そこがまた魅力的です。

写真に撮っていませんが、バックパックを外すと背中のフレームも細かく造形されている事に気付けますよ。

 

横から。

この特徴的な、トゲトゲとしたフォルム!

足のデザインとかはちょっと昆虫みたいな印象を受けます。

ショルダーアーマーの白い模様の箇所だけシールを貼っていますが、やっぱり浮いちゃいますよね。

モールドは施されているし、そんなに複雑な部分でもないので、ちゃちゃっと塗っちゃうといいかもしれません。

 

斜め下から見上げる。

うおお・・・、なんだこのカッコよさは!

手のひらよりも小さな85mmサイズでこの迫力ですから、ユニバーサルユニットの担当さんのこだわりや尽力が伺えます。

 

斜め上から見下ろす。

このサイズで、腹部に覗くガンダムフレームの骨格が細かく造形されています。

 

頭部をアップ。

なんという凶悪な顔!(笑

デスティニーを超える悪者顔ですね。

 

可動範囲は素晴らしく、邪魔になるかと思った腰サイドアーマーも含めて、ガッツリ開脚できます。

腕も水平まで上がります。

そしてこの独特の関節による足首の驚異的な接地能力!

人体では考えられないくらい曲がっています。実際にはポージングでここまで無茶はさせませんけどね。

 

ヒジは、第3弾の中も一番曲がりますね。

 

ヒザもここまで曲がります。

 

足首はここまでまっすぐに伸ばせます!

原作知らなくて申し訳ないですが、バルバトスには「格闘」っぽいイメージがあるので、動きをより重視して作られているんでしょうか。

でも、ちょっと残念な点として、上の写真とは反対方向、アキレス腱を伸ばすような足首の動きは出来ないので、それによってポーズが制限されちゃう所はありますね。

きっとMGやRGでは当然のように動く箇所だと思いますが、まあそこは500円の食玩の限界ですかね。

 

首周りに襟があり、それによって横を向いたときに首の自由度が若干奪われます。

横を向くと、ちょっと首を傾げたような感じになっちゃいますね。

 

さて、このバルバトスルプスには、第3弾でようやく、左手の平手が付属しています。

平手GJ!!

バルバトス独自のデザインの手なので、他の機体には流用できないですね。

細かいのに造形はホントに素晴らしいんですが、欲を言えば右手にも欲しかったかなぁ・・・なんて。

 

格闘系のMSは、開き手があるだけでポーズが決まっちゃいますよね!

フォルムは禍々しいのにやはりどこか主人公らしいカラーリング。

 

武装はこちら!

巨大なソードメイス!

Bはこれ一本のみ!

こうしてみると、本体よりも長いですね。

巨大な実体剣!テンション上がる!

 

肩に背負っている風に。

自分の語彙の少なさが悔やまれるくらい、カッコイイ!

ちなみに、ソードメイスの握り手部分は丸くなっており、通常の手では持てないので、ソードメイスを持つ専用の右手が付属しています。つまり、右手でしか持てません。

 

写真ではちょっと伝わりにくいかもしれませんが、ソードメイスは単色単一成形で若干ののっぺり感があるので・・・

刃の部分全体にエンピツをカリカリ擦り付けて、エンピツの鉛による金属っぽさを演出しています。

もっとちゃんとやる手法はあると思いますが、身近にある道具で手軽に出来る手段として。

 

フラッシュ焚いちゃっていますが、下の写真が分かりやすいかもしれません。

金属っぽさが出てるんじゃないでしょうか!?

 

自分はソードアクションが好きなので、この無骨で巨大な剣は興奮しますねぇ。

 

でかい! 武器でかいよ!

存在するか分かりませんが、1/100とか1/60とか、この剣はどれだけのデカさになっちゃうんでしょうね!

 

オルフェンズ、観たくなってきました!

でも他にもやりたいことがいっぱいあるんですよねぇ。

 

針金スタンドで浮かせ、大上段からの振り下ろし!

 

決めっ!

いやー、ソードメイス楽しいなぁ。

 

静かに納刀っぽく。

 

以上、ユニバーサルユニット第3弾、「ガンダムバルバトスルプス」(ソードメイス版)の紹介でした!

原作を知らない身でも、そのカッコよさと迫力を存分に堪能できました。

リアルタイムでアニメを観ている人ならもっと楽しめる事でしょう!

 

これで、ユニバーサルユニット第3弾の全機が揃いました。

ウイングゼロ、フルバーニアンは、ラインナップされただけで嬉しいだけでなく完成度も素晴らしいもので、大変興奮できましたし、量産機のジムカスタムも墨入れだけで非常にカッコよく、バルバトスルプスは原作を知らないのに痺れるくらいカッコよかったです。

第3弾は個人的には神回ですかね!(笑

 

発売開始は5月予定のようですが、次回の第4弾のラインナップもすでに発表されており、

・νガンダム ビーム・ライフル&シールド装備
・νガンダム フィン・ファンネル装備
・ヴィクトリーガンダム ビーム・ライフル装備
・Vダッシュガンダムヘキサ
・ガンイージ ビーム・ライフル装備
・ガンイージ ビーム・バズーカ装備
・陸戦型ガンダム 180mmキャノン装備
・陸戦型ガンダム ビーム・ライフル&シールド装備

となっています・・・

えっ、このニューの売り方ズルくない!?

フィンファンネルを片方にしか入れないなんて!

フィンファンネル版を買ったらビームライフルとシールドがないなんて!

2個買い前提になっているじゃないかー!

ウイングゼロみたいに一個にまとめてよー!

これはズルいよーバンダイさん! まあ買うけれども!(笑

 

楽天ではすでにフルセットの予約が可能になっています。

10個入りで4200円だから、800円割安ですね。

でもまあ、10個箱入りだとダブりがあるんですけどね・・・

 

それではまた~


 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. UTA より:

    バルバトスも良い仕上がりですねぇ!
    オルフェンズはかなり面白いので是非見る事をお勧めいたします。近年のガンダムはAGEもGレコも微妙だったので、今回は久々に面白いです。

    ルプスの首は横向くと首傾げちゃいますが、どうやら一段引き出せる様で引き出すと割ときれいに横を向けます。と言うか1番押し込んだ状態は首がない感じですので、一段引き出した状態が正解かもしれませんね。

    最後の今弾4種の集合写真ヤバいですね。本当500円の食玩とは思えない風格漂ってますね。

    • digisan より:

      バルバトス、放映中の機体だけあって、制作側も気合入れているんでしょうか。
      かなり良い出来になっていますよね!

      おー、オルフェンズお勧めですか!ずっと気にはなっていたんですよねぇ。
      幸か不幸か通勤時間が1.5時間くらいあるので、今度見てみますね!

      帰宅してからルプスの首を見てみましたが、確かに一段階引き出せるー!!
      こうした方が首の自由度が上がりますね。

      集合写真ヤバいですね!(笑
      これは写真がうまく撮れたというのも大きいかもしれません。
      フォーカス・明度・コントラストがバッチリはまると、すごい効果を発揮するんですね!
      こういうブログやっていると、高精度のカメラが欲しくなっちゃいますよー

      メール、届きました!ありがとうございます!
      今日は遅くなっちゃったので、明日きちんと返信しますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。