「ぐでたまプリン2」を作ってみた、食べてみた!

どうも、デジサンです!

今回は突然ですがこちらを紹介してみます!

ぐでたまプリン2!!

 

「ぐでたま」は観たこともないですが、息子(2才)と見ていたYoutubeで偶然紹介されており、「これやってみよう!」と突然思い立ったのでした。

パッケージ裏面はこちら。

作り方が書いてあります。

必要なものは、

・マグカップ(耐熱)
・お皿×2枚
・つまようじ
・牛乳(75cc)
・スプーン

です。まあどのご家庭にもありそうなものですね。

 

内容物はこちらです!

 

じゃあ作っていきましょうかー!

息子と一緒に作業しましたが、2才児ではさすがにできることもないので、隣で応援していてもらいました(笑

 

まずは、牛乳と「黄身のもと」を混ぜます!

ここで牛乳50ccを使うのですが、ケースの四角部分が計りになっており、1回で25ccを計れます。

 

まぜたら、レンジでチン!

500wで1分加熱します。

「チン」って、最近の若者は言わないのかな・・・?

電子音になって、「チン」じゃないですもんね。

 

あっためたら、スプーンですくって型に流し込んでいきます。

型は2つあります。ぐでたま型と、ハート型。

商品としての型のタイプも「うつ伏せ」と「あおむけ」の2種類あるんですが、今回は顔がよく見える「あおむけ」タイプを買っています。


 

プリンの粗熱が取れたら、冷蔵庫で2~3時間冷やします!

この時は出かける予定があったので、取り出しが6時間後くらいになっちゃうのですが、

「ひやしすぎると表面が固くなるので注意してね!」

の注意書きがずっと気になっていました・・・

 

お出かけから帰宅後、さっそく出してみました!

おお、ちゃんとできている!

ぐでたまのやる気のない感じがよく表れています。

結局8時間くらい冷やしていましたが、そんなに固いという感じもしませんでした。

 

ハート型のほうも。

ちゃんとできています!

 

と、ここで終わりではなく、これは「目玉焼き」っぽいプリンなので、白身もあります。

こちらの「白身のもと」を牛乳25ccと混ぜて、白身を作り、黄身の周りにデコレートしていきます。

 

するとこんな感じに。

おお、たまごっぽい!

皿も白いのでちょっと分かりにくいです。完全に楽しむなら、白以外のお皿を用意したほうがよさそうですね。

 

ハート型にも白身を。

 

さて、まだ完成ではなく、さらにここに「しょうゆ風シロップ」をかけます。シロップは袋から出してそのままかけられます。

ちょっと目と口の見分けがはっきりしないので、まずはへこんでいる部分にそっとたらしてみました。

ん、ううん?

なんかちょっと怖くなったか・・・?

 

ううっ、ハート型の方は口からはみ出してさらに怖い感じになってきました。

 

もういいや、全部かけちゃおー

 

うわああああ

 

あああああ

 

なんだか凄惨な事故現場のようになってしまいました。

シロップは計画的にね!

 

食べてみると、子供向けお菓子だからか、若干甘さが強い印象でしたが、十分おいしかったですよ。

別タイプの型だと、ぐでたまの顔は見にくいですが、プリケツが強調されています。

 

お子さんをお持ちのお父さん・お母さんは、一緒に作ってみると楽しいのでいかがでしょうか!?

 

それではまた~


 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. マサ より:

    シロップ…笑
    うちの1才の娘は食べられませんが
    これは作ってみたい!いろんな意味で!
    普通にスーパーとかで売ってるんですか⁇

    あ、うちの周辺は何処もアンサンブルが
    なくなっています、やっぱり人気ですね

    • digisan より:

      マサさんこんにちは!
      おー、娘さん1才なんですね!
      そうそう、これは普通にスーパーのお菓子コーナーで売ってますよ。
      簡単で楽しいので、よかったらやってみてください!
      (味はそこそこでしたが^^;)

      アンサンブル人気みたいですねぇ。
      02弾からは需要に見合った供給をしてくるようなので、今よりは入手しやすくなるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。