【レビュー】GUNDAMフレームオペレーション02 エールストライクガンダム

どうも、デジサンです!

ユニバーサルユニットの第二弾が10月末に発売開始しているんですが、行動圏内のスーパーではまだ見つけられていません・・・

 

なので今回はこちらを紹介します!

GUNDAMフレームオペレーション!

BANDAIが出しているガンダムのガチャなんですが、フレームに装甲を取り付けていくタイプのガンダムフィギュアです。

なんと一回400円もしますよ! ガシャポン戦士DASHの300円を越えてきた、強気な値段設定です。

 

フレームオペレーションは現在第二弾まで出ており、一弾ごとに4機がラインナップされています。

第二弾では、

・ウイングガンダムゼロカスタム
・エールストライクガンダム
・ガンダム・グシオン
・ガンダム・キマリス

となっています。

 

今回、エールストライクをゲットできましたので、恐らくどこよりも写真多めに紹介していってみようと思います!


GAT-X105A AILE STRIKE GUNDAM

パーツはガシャポン戦士DASHよりも多く、ランナーに付いた状態でカプセルに入っているため、切り離す必要があります。

シールドや顔など、一部塗装済みとなっています。

 

これがフレームオペレーションの基盤となる、骨組み。
(立たせるために足先だけつけています)

フレーム自体の可動性はなかなかのもの。

ここに装甲を取り付けていきます。

 

完成状態がこちら!

軽く墨入れしています。

おお、なかなかカッコイイですね。

フレームオペレーションは、そのコンセプトの影響で頭が大きくアンバランスになっちゃう印象がありましたが、今回はそんなに気になりません。

アンテナが軟質素材なので、カプセルの中で曲がりクセがついてなかなか直りませんよ・・・

 

フェイスアップ!

アンテナはヘルメットからポロポロ落ちるので、僕は接着しちゃいました。

こうして見ると、GP01ゼフィランサスになんとなく似てるな、と思いました。

なぜか顔パーツがヘルメットときっちりかみ合わず、左目の上あたりに若干の隙間ができてしまうのがとても残念。

 

後ろから。

高機動戦闘用ストライカーパック「エールストライカー」が装備されています。

羽が軟質素材でクセがひどく、さらにバックパック下部のスラスターは接続が難しくて、ちょっと指が触れただけでもポロポロ落ちるので、こっちも接着しちゃいました!

 

横から。

 

「フレームの上に装甲を被せる」という設計上、装甲を被せるとフレーム単体が持っていた可動性はガクンと下がります。

蹴りポーズはなんだかカッコ悪くなちゃいました。

 

同梱の武装は・・・

ビームライフル

 

と、シールド。

ライフルはグレーの単色ですが、シールドは白ベースに赤で塗装がされています。

 

射撃ポーズが決まります!

ホント、左目の上の隙間が残念です・・・

 

首は意外とこれくらいまで上を向けます。

 

 

地上ではポージングに限界があるので、シャアザクの時に作ったこれを使って浮かせてみました。

100円ショップの針金スタンドー!

エールストライクはやっぱり空中が似合います。

 

SEED撃ちっぽくしてみました。

なかなかカッコイイじゃないですか!

フレームオペレーションはヒザが曲がらないので、完全再現はムリなんですけどね。

 

飛んでるっぽく角度をつけて。

 

シールド越しにシューティング!

 

 

 

腕や手首は、ヒジが曲がるだけで、横軸の回転はできないのが惜しい。

 

実はこのストライク、エールだけでなくランチャーストライクになることもできます。

付属のパーツを装備して・・・

Launcher Strike Gundam

 

後ろから。

 

横から。

 

なかなかカッコイイですが、320mm超高インパルス砲「アグニ」は正面にしか向けられないので、ポーズ幅はあまりないですね。

 

アグニはバックパックにマウントすることもできます。

 

以上、フレームオペレーション02の「エールストライクガンダム」でした!

さすが主人公機、造形はなかなかカッコよく、満足感があります。

アンテナやバックパックのスラスターが取れやすいなどの難点がありますが、接着しちゃえば問題ないですね。

ただそういう点や、400円という高さから、お子さんが集めて遊ぶというよりは、子供時代にガチャで遊んだガンダム好きの大人向けですかね。

 


それではまた~

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. qraisis より:

    先日。日本橋のnamcoミュージアムで#02のガシャマシーンを発見して、残り物を全てガシャったのですが…ストライクだけゲットならず…
    再販⁇かな⁇
    と思い、近辺のガシャポン扱い店を徘徊しましたが…他には見当たりませんでした…>_<…

    • digisan より:

      フレームオペレーションはなかなか面白い試みだったと思いますが、
      構造故の頭の大きさとか、せっかくのフレームの可動を鎧が殺しちゃうとか、もったいない部分も多かったですね。
      そのせいか、アンサンブルが出てからすっかり見なくなりましたね…。

  2. より:

    この記事を見て久しぶりに引っ張り出して見たら関節の受け部分が全部割れてました…パーツポロリしまくりだし動かないし何だったんだこれ

    • digisan より:

      0さん、はじめまして、ですかね?
      フレームオペレーションは、出た当時は面白いなーと思いましたが、可動と造形が優秀なアンサンブルがある今となっては、なんだかいまいち感がありますよね。
      ちょっと期待していましたが、長続きしなかったのもしかたないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。