30代から始めるレザークラフト記録 (2)道具が届いた!&襟飾りを作ろう

どうも、デジサンです!

先日、レザークラフトを始めたい!という記事を書きましたが、本日、楽天で注文していた道具たちが届きました!

ばばーん!

スターターセットのようなまとめ売りもあったんですが、調べてみるとあまり使い道がなさそうなものも含まれていたりするようだったので、身近になくて最低限必要そうなものを個別に買いました。

買ったのは以下です。

・書籍『はじめてのレザークラフト』
・菱目打ち(4本目と2本目)
・針(3本入り)
・ゴム板
・菱錐、丸錐
・ネジ捻
・トコノール
・へら付きヘリ磨き
・ロウ引き済み糸(黒・白)
・カッター本体と替え刃(特選黒刃)
・革素材(成牛タンロー)1.5mm厚

これだけ揃えて、総額1万くらいでしたね。

ハンマーやボンドなどは、百均にもあるようなのでそっちで買おうかと思ってます。

 

『はじめてのレザークラフト』は、全ページフルカラーで写真も多く、基礎技術や解説や、作り方、作品例なども豊富で、優しく分かりやすそうです。

最終ページには、そのまま厚紙に写して使える原寸大型紙もついていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめてのレザークラフト
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/10/29時点)

 

 

道具を眺めていても始まらない!

今日は会社の飲み会で帰りが遅くなったけど、さっそく作ってみよう!

 

最初の目的は、ハーウェイウォッチのバンド作りですが、それは難易度も高そうだししっかりしたものを作りたいので、十分なスキルが身についたらやってみます。

初心者にはパスケースやキーホルダーなどの簡単なやつから基礎を積み上げていくのが肝要!

でもなぁ、パスケースとかキーホルダーって、そんなに「作りたい!」という欲望が沸いてこないんですよね。

 

そこで、自分がどんなものなら作りたいかを考えた時に出てきたのが、「襟飾り」。

「襟飾り」という言葉は在りますが、僕が想像したものは、一般的に存在するものではないと思います。

仕事中に来ているワイシャツが、それだけだと若干味気ないので、襟元にレザーのワンポイントでもあったらカッコイイかなーという安易な考えです。

ラフイメージ図はこんな感じ。

襟元の黒いものがそれです。
二つ折りでマグネットで挟んで止める形を想定。

僕は営業ではないので、服飾に厳しいルールもなく、こういうちょっとした遊び心を取り入れてみたいな、と。

黒レザーに白ステッチとか、カッコかわいくなりそうじゃないですかね!?

 

それではオリジナル襟飾りの作成記録を載せていきますが、変な所があったらアドバイスください!(懇願

1.型紙作り!

まずは型紙を作りましょう。

厚紙で作る型紙の前に、薄い紙で形を作って完成品のイメージをつけておくといいらしいので、まずはメモ帳に書いてみました。

曲線部分はコンパスで書きたかったんですが見当たらなかったので、定規だけでやってみましたが、案外うまくいったかも(笑

シャーペンを持ってテーブルに向かって工作するなんて、ホントもう十数年ぶりかもしれません。

 

これをハサミで切って、実際にワイシャツの襟元に付けてみます。

そうそう、こんな感じ。

こんなアイテムが欲しいと思ったんですが、きっと世界には存在していない。

だったら自分で作っちゃおうぜ!

そんなことができるのがレザークラフトの魅力なんですかね。

 

この薄い紙では型紙に適さないので、形を厚紙に転写します。

いちいちダンボーがいますが気にしないでください。

これを綺麗に切り抜いたら、型紙の完成です。

随分シンプルな形。最初の練習にはちょうどいいかも?

 

2.革を・・・けがく!

続いて、型紙の形を革にケガキます。

「罫書く」と書くんですかね。筋を入れてマーキングすること、だそうです。

やり方は色々あるようですが、今回は丸錐でやりました。

型紙がずれないようにしっかりと革に押し当てて、丸錐を少し寝かせてひっかくように型紙に沿って線を引いていきます。

説明を読んでいる間は、強くやらないと線がつかないかなーと思っていたんですが、実際にやってみると、革って思ったよりも柔らかいのですね。そんなに力を入れなくてもスルスルと線が入りました。

 

3.革を・・・切る!

次に、ケガキした線に沿って、革を切ります。

「別たち」とか「革包丁」という切断用の道具もあるようですが、固い革じゃなければカッターで問題ないという説明を読んでいたので、前述の特殊な道具は買わずに、オルハの「特選黒刃」というカッター刃をネットで注文しました。

さすがは切れ味重視の「特選黒刃」。スルっスルと切れました。

 

4.床面にトコノール!

革の裏面(床面(とこめん)と言うらしい)は、ザラザラとしています。

このままでも致命的ではないんですが、使っているうちに毛羽立ってきたりするらしい。

そこでコレ、トコノール

色付きのものもあるようですが、初めてなので無色を買いました。

 

これを少し指で取って、床面にヌリヌリしていきます。

ヘラやガラス板などでこするともっと滑らかになるんですかね。

確かにちょっとツヤが出た感じがします。

 

次は革のヘリをヤスリで削って整えて・・・っとやりたかったのですが、ヤスリがないので今日はここまでです!

色々と足りないアイテムが分かったので、百均に買いに行こうと思います。

 

まだまだ始めたばかりですが、楽しいかも、レザークラフト!

 

それではまた~



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。