【レビュー】ガシャポン戦士DASH08 ユニコーンガンダム

どうも、デジサンです!

前回の記事で、ガシャポン戦士DASH08の「シナンジュ」を紹介しましたので、続いてこちらです。

RX-0 Unicorn Gundam

「機動戦士ガンダムUC」より、主人公機ユニコーンガンダム(デストロイモード)です!



デストロイモードとは、「各部の装甲を展開してフレームを露出させた最大稼動モード」なのだそうです。

平常時の「ユニコーンモード」は、その名の通りユニコーンのような一角で貌もガンダムらしくないのですが、本気を出すとガンダム顔になるのですよね。

 

先に大好きなシナンジュを紹介しちゃったので、そのテンションを保てるか心配ですw

【レビュー】ガシャポン戦士DASH08 シナンジュ

 

まずは手ぶらで正面から。

すごく「ガンダム」らしい顔をしています。モールドやエッジがシャープでカッコイイ!

白が占める面積が多い機体ですよね。ユニコーンモードなんてほぼ全部白ですし。

それでも各所に入るピンクの発光サイコフレームの存在で、のっぺらとした印象はありません。サイコフレームのピンクはパールっぽい色調で、光の当たり方によってはキラキラと輝いて見えます。

アンテナはゴールドの塗料で塗られており雰囲気がありますし、写真では分かりにくいですが、目もメタリックなライトグリーンなので、光を反射します。

カプセルの中でついたクセで、アンテナはよく曲がってしまいます。何かいい直し方があるんでしょうか・・・?

 

後ろから。

後姿はサイコフレームの露出もなく、ユニコーンモードの面影を残してほとんど真っ白です。

あ、いや、正確にはフレーム露出はあるんだろうけど、ピンクの塗装がされていない、というだけですかね。

バックパックにはビームサーベルが付いていますが、塗装による色分けなだけなので、取り外しはできません。

 

横から。

うまく綺麗にまとまっており、逆にあまりコメントがありません・・・(笑

 

さて、武装は、シナンジュと同じくビームライフルとシールド。

シールドもきちんと展開状態で、パールピンクの塗装もばっちりです。

主人公機ですが、敵機のシナンジュの豪華さには敵いませんね。(あくまでも個人の感想です)

ホワイトを邪魔しないように薄い色で墨入れすれば、随分印象が変わりそうです。

 

ユニコーンもスタンドで飛ばしてみる!

 

シールドで突撃!

 

なんとなくですが、ユニコーンは光源を下から用意すると、デストロイっぽさが増す気がします。

「あんただけは・・・堕とす!」

 

「亡霊は、暗黒に帰れー!!」

(原作を知らないのでセリフは完全にイメージです)

 

このアングルがかっこよかった!

明るめに撮影して、Googleフォトの編集機能で「ポップ」を引き上げて明度を落とすと、明暗が強調されるので、こんな風に全身墨入れ&全身パール発光みたいな雰囲気を出すことができます。面白い。

 

主人公機は見上げ撃ちが似合う。

 

ライバル機、シナンジュと対峙。

「人の心を、哀しさを感じる心を知るものなら・・・ガンダム! 俺に力を貸せ!!」

 

以上、ガシャポン戦士DASH08、ユニコーンガンダムとシナンジュの紹介でした!

どちらも非常に完成度が高く、同作品のライバル機なので遊びやすく、並べて置いておくだけでもとてもカッコイイです。

ガチャなので狙って入手できるものではないですが、ユニコーン好きな人は満足できるモノになっていると思います!

ダブりやハズレなく、確実に入手したい!という大人な方は、一個あたりがちょっとだけ割高になっちゃいますが、ネットショップで注文しちゃう、という手もありますよ。

 

 

 

 

最近はユニバーサルユニットにはまっていましたが、ガシャポン戦士も楽しいなぁ。

それではまた~

 



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。