【レビュー】ガンダム食玩「UNIVERSAL UNIT」シャア専用ザク

どーも、デジサンです!

今回も懲りることなくユニバーサルユニットのレビューです。

今回はこちら!

 

シャア専用ザク!


言わずと知れた初代ガンダムにて、主人公アムロのライバルとして、「赤い彗星」シャア・アズナブルが駆る機体です。

全身がシャアのパーソナルカラーの赤で塗装され(ザクは赤ってより「小豆色」が近いですが・・・)、隊長機のため頭上に角があります。

シャア専用ザクの商品バリエーションとしては、

・バズーカ装備
・対艦ライフル装備

があります。

僕が買ったものは、「対艦ライフル」の方でした。
ライフルの長さがかっこいいんですが、バズーカの方にはヒートホークが付属しているようで、近接戦闘をさせたい場合はそっちの方が当たりかもですね。

 

顔周りアップ!

モノアイは綺麗に塗装済みで、視認性高いです。

胸元のジオンマークはシールですが、何度も書いてますがシールはどうしても浮いちゃいますね・・・。

胴体部分はつや消しで若干マットな見た目になっており、テカっているプラスチックよりも質感の良さを感じます。

 

後ろから。

ヒジの黒い部分はシールですが、これはマジックででも塗った方がマシなレベルですね。

 

横から。

こちらも、ヒザの黒い部分はシールであり、真剣にやるなら塗った方が良さそう。

 

下半身クローズアップ。

腰のスカートアーマーが足の付け根をガッチリガード!

おかげで可動がシンデマス!

 

腕は90度くらいまで上がり、ヒジも90度ほど曲がります。

腰も、苦しいかと思いきや意外と回転できます。

足のパイプパーツは硬質プラスチックですが、動きを邪魔しないように考えられており、ヒザもほぼ直角くらいまで曲がります。

が、前述のようにスカートアーマーが恐ろしく邪魔をしてくるので、太ももがほとんど動きません!

前後にも! 左右にも!

ポージングが難しいよー!

 

武装は、対艦ライフルが一丁。

本体の全長よりも長いロングライフルです。

あと、右肩のショルダーアーマーに付ける予備の弾丸ラックも付属。

 

非常に長いので、構えると雰囲気が出ますねぇ。

 

両手持ち風に構えることも可能です。

ユニバーサルユニット シャア専用ザク

 

膝立ち射撃もできないことはないですが、足の可動の狭さでちょっと情けない感じに・・・

 

足の動かなさで、宇宙戦用の機体であり、地上での戦闘ポーズが難しいので、スタンドを作ってみました!

百均の針金を曲げただけなんですが、キットが軽いので結構いい感じに保持できます。

背景が黒いのも宇宙っぽくていいかも。この背景も、百均で買った黒の厚紙です。

 

ショルダータックル!

浮かせた事で、壊滅的な可動範囲の足でも、ポーズが取りやすくなります!

 

ライフルを構え!

 

飛んでる風。

「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを教えてやる」

 

飛びながら部下に指示を出している風。おお、これは結構かっこいいかも。

「よーく見ておくのだな。実戦というのは、ドラマのように格好のよいものではない」

 

 

足裏のパーツもしっかりとあり、スカスカなんてことはありません。

 

後ろから振り向き。

モノアイの角度を変えられたら素晴らしかったですね!

バックパックには謎の穴がありますが、バズーカのマウントポイントでしょうか。持ってないので分かりません。

 

見上げてライフル構え。

シャアザクはやっぱり浮いてた方がしっくりきますねー。

 

ライフルの長大さを感じるアングルで。

 

撃ち抜いて激しい光と共に爆散する戦艦を眺める風。

 

ちょっとだけ加工してバーニア噴出を演出してみた。

 

スピード感加工もしてみる。

「当たらなければどうと言うことはない」

 

永遠のライバル、ガンダムとの邂逅。

「えぇぃ、連邦のMSは化け物か!?」

※原作を知らないのでセリフは完全にイメージです

 

殴り合いのケンカ風。

可動範囲はガンダムの勝ちです。

実際にアムロとシャアは逆シャアでMSの殴り合いをしてましたよね。そっちはニューとサザビーですが。ニューもサザビーも大好きなので、ぜひユニバーサルユニットで商品化して欲しいです。
(アサルトキングダムはもう生産終了してるし・・・)

 

以上、ユニバーサルユニット・シャア専用ザクの紹介でした!

初めに買って組んだ時は、「うわー、可動範囲せまー!」と思ってましたが、撮影環境を整えて、スタンドも自作して、なんとかカッコよくしてみようと試行錯誤していたら、なんだかだんだん愛しくなってきていっぱい撮っちゃいました(笑

足はほとんど動きませんが、長いライフルは雰囲気があり、スタンドを用意できるなら浮かせれば案外カッコイイポーズも作れます。

ただやっぱり、足の可動をなんとかして欲しい!

この反省を次回以降に活かしてくれるととても嬉しいです!

ではまた~

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。