【レビュー】ガンダム食玩「UNIVERSAL UNIT」RX-78ガンダム

どうも、デジサンです!

最近こればっかりですが、今回もガンダム食玩「ユニバーサルユニット」のレビューです。

 

今回は、こちら!

RX-78-02 ガンダム!


もしかしたら日本にその名を知らない人はいないかもしれない超有名機、初代ガンダムです。

かくいう僕は原作アニメを観たことがありません!すみません!

いつかはまとめて、初代からZZくらいまでぶっ通しで観てみたいとは思ってるんですけどね。

 

ユニバーサルユニットでは、

・バズーカ装備
・ショルダーキャノン装備

の2パターンがあります。

・・・が、バズーカ装備は、「ビームサーベル、シールド、バズーカ」の3点セット、ショルダーキャノン装備では、「ショルダーキャノン、ビームライフル」の2点セットとなっており、なんというか格差を感じてしまいます。

 

やっぱりビームサーベルとシールドでブンドドしたいのでバズーカ装備が欲しかったんですが、買ったのはショルダーキャノン装備の方でしたぁー!

装備が選べないってずるい売り方だよなぁ・・・

これでもうひと箱買って同じのがかぶっちゃったら悲劇ですよ。

熱心なコレクターでもなければ、そんなリスクを冒してもう一個買うとかしないと思うので、装備バリエーションも選択できるようにした方が売上上がったりしないのかなぁ。

 

まあ、何はともあれ見てみましょう。

後ろから。

プロポーションは悪くないです。

ちょっと単色感が強いですが、もともとのデザインだからしょうがないですね。墨入れすると引き締まりそうです。

バックパック左手側に、ショルダーキャノンが装備されています。

腰リアアーマーの穴には、バズーカをマウントできるっぽいですが、今回のキットには当然入っていません・・・

 

お顔アップ。

スマホ(Zenfone Zoom)で写真を撮っているんですが、接写の弱さを思い知らされる・・・

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 仕様の造形ということで、アンテナは白になっています。
っと思ったけど、ちょっと調べてみたらガンダムのアンテナは最初から白だったみたいですね!SDだと黄色なので勘違いしていました!

アンテナとアゴの赤は、超細かい割にはそこそこ綺麗に塗られています。

肩のシールは、アレックスと同様シール感強いです。

 

首はこれくらい上を向けます。

 

全身の可動は、まあ可もなく不可もなくといった所でしょうか。

腰は360度回転が可能です。

足首は、アレックスやオデュッセウスのような引き出し機構はないので、そんなに柔軟には動きません。

股間の赤と黄色の部分はシールによる再現です。

 

それでは武装紹介です。

まずはビームライフル!

これもガンダムには重要な装備。

バズーカ装備セットのビームサーベルとシールドも魅力的ですが、このビームライフルも外せない。

結局2パターン揃えるしかないのか・・・?

 

ライフルの照準部分は光沢のあるシールで、ちょっとそれっぽさが出ています。

両手での構えはちょっと厳しい。

 

でもやっぱりガンダム系の機体に射撃ポーズは決まる。

がんばれば、こんなSEED立ち風ポーズも可能。

通常版のユニバーサルユニットにはスタンドがなく、特別版のものを使おうにもスタンドを刺す穴もないので、浮遊感は簡単には演出できません。
上の写真はセロハンテープで画用紙に貼り付けています。軽いユニバーサルユニットだから出来ることかも・・・

 

見上げるアングルだと巨大感が出ますね。たった85mmなんですけどね。

 

アクションもいいけど静かな待機もまたよし。

 

そしてこちらが第二の武装、ショルダーキャノン。

これはTHE ORIGINのオリジナル設定なんですかね。

バックパックとの連結が1パーツだけあり、こんな感じで砲身を前方に向けることができます。

ただ、左右の方向はまったく動かないので、正面にしか撃てません。

 

フルバースト!(違

 

武装は以上です。もうちょっと欲しいよ!

非常に残念なことに、前述のようにビームサーベルは付属しないのですが、バックパックのサーベルに手を伸ばすこと(だけ)はできます。

左手の開き手はバルバトスから拝借してます。

 

そして先日紹介したペーネロペーのビームサーベルを借りてくれば、一応斬撃は表現できます。

ズバぁっ!

ここで驚いたのが、ガンダムの手ではペーネロペーのビームサーベルが持てず、ペーネロペーの手はガンダムにははまらず、バルバトスの右手をつけてようやく握ることができたんです。

細かいけれど、一体ずつ握り手の造形すら違うんですね!

 

腕のシールド穴には、アレックスのシールドを装着することもできます。

アレックスのビームライフルはそのまま持つことができました。

 

シールドの存在感大きい!

 

シャアザクの対艦ライフルも持てました。
シャアザクの方でも載せますが、とんでもない長さです。

 

武装ではないですが、足裏もしっかり整形されています。
スタンドもないのでディスプレイしている状態ではなかなか見えないでしょうけど。

 

以上、ユニバーサルユニット第一弾「RX-78-02 ガンダム」でした!

ショルダーキャノンにはほとんど思い入れがないので、やはり見慣れているビームサーベルとシールド付きのバズーカ装備の方がよかったなぁと思います。

胴体周りの着色や造形はけっこう綺麗にできてますね。

腰や首も支障なく動き、ポージングもまあまあ自由度があります。

ただやっぱりなぁ・・・

ビームサーベル、シールド、ビームライフル、というガンダム武器代名詞の3つが、2種で分けられているというのが非常に残念。

2つ買わせようという魂胆が垣間見えた気がしました。

 

次は、「これからのアクションフィギュアスタンダードモデル」の問題児シャアザクを紹介してみようと思います。

 

ではまた~

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。